教職リカレント教育プログラム


概要

就職氷河期世代には教員採用率が低く,免許状を取得したにも関わらず教職につけなかった人たちがいます。滋賀大学では,このような就職氷河期世代の人たちが教職へ就業できるよう支援いたします。この事業は,文部科学省の委託事業として行うものです。

 

特徴

滋賀大学の教職リカレント教育プログラムの特徴は,オンライン講習(オンデマンド)のみでも教員免許状の更新(回復)が可能なことです。これに加えて,双方向型オンライン講習を提供します。受講中は受講状況の進捗管理を実施し,必要に応じてメンタリングを行うことで,確かな学びを保証します。こうして教員免許状を更新(回復)した受講者は,次年度の対面型の講習を受けることができます。また,本学教育学部の独自プログラムであり,教員採用試験合格に大きな成果を上げてきた,面接や小論文作成の指導等の教員採用試験に関する支援を受けることができます。
本講習では,教育の最新事情や現代的課題について学び,アクティブラーニングやICT活用という新しい教育技能を習得します。さらには,教育データサイエンスに関する知識・技能を習得することができるのも本学の大きな特徴です。

 

受講費用

無料(ただし,減免条件を満たす必要あり)
*減免条件を満たさない場合でも,所定の費用を支払うことにより教員免許状更新講習として受講することができます。

 

減免要件

次の4つの要件をすべて満たすことを書面で確認できる者

  1. 過去に教員免許状を取得したが,令和2年9月30日時点において失効している者または更新手続きをせず修了確認期限を経過した者
  2. 令和2年9月30日時点において,35歳以上55歳未満の者
  3. 令和2年9月30日から起算して過去1年間正社員として雇用されていない者,かつ,令和2年9月30日から起算して直近5年間に正社員としての雇用期間が通算一年以下の者や,概ね一年以上の間に臨時的・短期的な就業を繰り返すあるいは臨時的・短期的な就業と失業状態を繰り返すなど不安定就労の期間が長い者,非正規雇用の就業経験が多いあるいは就職後の就業期間が短いなど安定した就労の経験が乏しい者
  4. 令和2年度のオンライン講習を受講・修了した後,教員採用試験を受験するまたは,臨時的任用リストへ登録する意思があることを書面で確認できる者

 

募集期間

令和2年10月1日〜令和3年2月28日

 

講習期間

文部科学省の認可日〜令和3年3月10日

 

募集人数

オンライン講習についての制限はありません。次年度以降の対面講習については,教室の定員による人数制限がありますので,抽選を行います。教員採用試験に関する支援についての人数制限はありません。

 

教員免許状更新講習一覧

令和2年度に開講するオンライン講習の一覧は、10月公開予定です。
*応募方法、受講方法等の詳細については、10月1日公開予定の募集要項にてご確認ください。

 

お問合せ先

滋賀大学 教員免許状更新講習事務室
〒520-0862 滋賀県大津市平津二丁目5-1
Tel: 077-537-0320

Translate »