人事マネジメント研究会

令和4年度「人事マネジメント研究会」

現在、我が国の地方公共団体の人事を取り巻く経営環境は、職員定数の減少、会計年度任用職員制度の施行、デジタル化や働き方改革への対応などにより一層厳しさを増しています。
こうした状況を踏まえ、国は、各地方公共団体に対し適切な「人事評価制度」や「アウトソーシング」の導入等を要請し、各地方公共団体におかれましても「人材育成計画」等を策定するなど、人事マネジメントに取り組んでおられますが、複雑かつ多様化する人事マネジメントは人事担当職員だけで対応するには困難な状況にあります。
そこで、滋賀大学では、地方自治、公会計の専門家や人材サービス関係の民間事業者等による共同研究会を立ち上げ、これからの地方公共団体における人事マネジメントのあり方について、研究しています。

  • コーディネーター/滋賀大学 経済学部 教授・社会連携センター長 横山幸司
  • 協力/キャリアリンク株式会社、一般社団法人 地方公会計研究センター

研究テーマ

全国の地方公共団体における職員の採用、研修、人事評価、定員管理、配置、ジョブローテーション、アウトソーシング、業務の改革の現状と課題、今後の方向性について

活動記録

2022年2月18日(金) A市ヒアリング
A市を訪問し調査研究テーマについてヒアリングを実施し、地域課題の抽出を行った。

2022年3月18日(金) B市ヒアリング
B市を訪問し調査研究テーマについてヒアリングを実施し、地域課題の抽出を行った。

2022年4月20日(水) 事前ミーティング
共同研究主要メンバー出席で、事前ミーティングを実施した。研究テーマの方向性について認識合わせを行い、共同研究のメンバーの選出、キックオフミーティングのスケジュールについて決定した。

2022年6月8日(水) キックオフミーティング
共同研究のメンバー全員出席で、各テーマの方向性等について意見交換を行うとともに、当面の作業方針、今後のスケジュール等について決定した。

2022年9月8日(木) 第1回全体ミーティング
共同研究のメンバー全員出席で、共同研究の各テーマの中間報告を行った。報告書としての取りまとめ方針、今後のスケジュール等を決定した。

2022年12月8日(木) 第2回全体ミーティング(予定)
共同研究メンバー全員出席で、報告書(案)について意見交換を行い、報告書(案)の修正方針について決定する。

2023年2月17日(金) 研究成果発表会(予定)
滋賀大学「行政経営改革塾」内で、今年度の調査研究の成果について、自治体人事課を対象に発表する。(オンライン開催)

Translate »