受託研究について

受託研究とは

受託研究とは、民間機関等からの委託により、本学の研究者が職務として研究を行い、その研究成果を委託者に報告する制度です。

契約手続等

null
1.民間機関等から本学へ「受託研究申込書」の提出

2.申込いただいた内容を本学にて審議し、受入れを決定

3.双方で契約に関する協議→契約締結

4.研究経費の納入

5.受託研究の実施

6.研究成果の報告

受託研究の実施に関するお問い合わせ等は、本学研究者が所属する部局担当者までお願いします。

各部局受託研究・共同研究等受入担当一覧

研究成果の取り扱い

  • 発明は本学に帰属することになります。
  • その知的財産実施等取扱いは企業等機関のご要望に柔軟に対応しており、個別のケースに応じて決定しております。

 

特別試験研究費税額控除制度について

  • 本学と企業の共同研究及び受託研究については「特別試験研究費税額控除制度」の対象となり、一定の条件を満たせば税制上の優遇措置を受けることが可能です。
  • 「特別試験研究費税額控除制度」による税額控除の申告を予定されている場合、その旨をお申し出ください。

関係規程・様式等

Translate »