hedda_20151110

お知らせ

 今年度は、新型コロナウイルスの感染を避けるため、塾形式の開催に代えて、コロナ時代の自治体経営を考える「行政経営セミナー」を全2回(9月、10月)開催いたします。

概 要

 現在、国から地方自治体に要請されている下記の2つの重要なテーマについて、外部講師を招へいし、講義形式で行います。
 会場はソーシャル・ディスタンス、換気、消毒、マスク着用を徹底した上で、滋賀大学彦根キャンパスにて開催します。

定員、会場、受講料

■ 定 員 : 20名(先着順)
■ 対 象 : 行政職員 
■ 会 場 : 滋賀大学彦根キャンパス内 士魂商才館 セミナー室Ⅱ
■ 受 講 料 : 無料

講師、スケジュール

第1回 2020年9月25日(金)
「内部統制と今後の行政に与える影響」有限責任監査法人トーマツ 山岡 正人 氏
第2回 2020年10月30日(金)
「(仮)公会計を活用した公共施設マネジメント」京都みやこ税理士法人 廣瀬 浩志 氏

申込方法

 各回の1か月程度前になりましたら、当ホームページ上でご案内いたします。

コーディネーター

横山 幸司 (滋賀大学教授/博士(学術))

行政職員を経て、研究者に転身。行政職員の間に、国、県、市、町村という地方自治のすべての層に勤務した経験を持つ。2013年度より滋賀大学に着任して以来、行政委員や講演等で関わった自治体は延べ250を数える。内閣府 PFI 推進委員会専門委員をはじめ、国及び地方公共団体における委員等公職多数。全国各地で「事務事業見直し」等行政経営改革に取り組んでいる。

◆過去の開催報告
 

Translate »