滋賀大学環境総合研究センター

メニュー

研究成果

学会報告

  • 松本光生・田中勝也(2021)「耕作放棄地発生の空間計量モデルによる生物多様性保全の可能性(ポスター報告)」日本生態学会第68回全国大会.
  • 二村真衣・田中勝也(2020)「商業集積地が地域に与える社会経済的影響の空間分析(ポスター報告)」東京大学空間情報科学研究センター.全国共同利用研究発表大会.
  • 田中勝也(2020)「企業・研究者の提供国措置に対する選好と遺伝資源利用への影響:2段階選択型実験による分析」環境経済・政策学会2020年大会.
  • Tanaka,K.,N.Hanley,L.Kuhfuss(2019)“Farmers’ Preferences Towards Outcome-based Payment for Ecosystem Service Schemes”2019 BIOECON Conference(2019年9月12-13日, オランダ・ワーヘニンゲン大学).
  • Tanaka,K.,M.Uematsu,U.Latacz-Lohmann(2019)“Comparing action- and result-based agri-environmental payments using experimental auctions” The Research network on Economic Experiments for the Common Agricultural Policy (REECAP) Workshop(2019年9月9-10日, ドイツ・オスナブリュック大学).
  • Tanaka,K.(2019)“Assessing Local People’s Preferences on Green infrastructure in Japan” The 8th Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics (2020年8月3-4日, 中国).
  • Tanaka,K.(2019)“Could payment by results (PbR) be future of PES in agriculture?” Indonesian Society of Agricultural Economics (PERHEPI) Conference(2019年7月25-26日, インドネシア・ボゴール農業大学).
  • Tanaka,K.and T.Takahashi(2019)”Landowners’ preferences on environmentally-friendly forest management” Forest Resources and Mathemtacial Modeling(FORMATH)Okinawa Conference.
  • Tanaka,K.(2018)”Predicting Farmers’ Responses to Flexible Bonus-based Agri-Environmental Payments (AEP): Empirical Findings from Rice Farming in Japan” 29th BIOECON Annual Conference(2018年9月13-15日, 英国・ケンブリッジ大学).
  • Tanaka,K.(2018)”More Rice for Less Floods?Conserving Local Paddy Fields as Green infrastructure” (2018年9月20日, インドネシア・ランプン大学)(招待講演).
  • 田中 勝也・高橋 卓也(2018)「環境に配慮した森林経営の受容性 − ベストワーストスケーリングによる政策分析 −」林業経済学会(2018年11月17-18日, 筑波大学).
  • 夏 吾太・田中 勝也・西川 潮(2018)”Quantitative analysis of the consumer preference for the eco-friendly agricultural products: Best-worst scaling approach(2018年10月14日, 東京農業大学).
  • 田中勝也(2018)環境直接支払制度に対する農業経営行動(2018年9月1-2日, 筑波大学).
  • Kim,Y.,K.Tanaka,C.Perrings(2017)“Quantitative analysis of the effectiveness of the Convention on Biological Diversity (CBD)” The 7th Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics (August 5-7, Singapore)
  • Tanaka, K., M. Sono, T. Tsuge, A. Onuma (2017) “Factors Affecting the Use of Genetic Resources by Private Firms in Japan” The 7th Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics (August 5-7, Singapore)
  • Viianto, L.A. and K. Tanaka (2017) “Simulating Association Formation by Network Search: Application to Japanese Nonprofit Organizations” The 51st Annual Conference Conference of the Canadian Economics Association (June 2-4, Nova Scotia, Canada).
  • 京井尋佑・田中勝也(2017)「滋賀県における環境保全型農業直接支払交付金の空間偏在と生態学的影響」第64回日本生態学会大会(2017年3月14-18日, 早稲田大学)
  • 京井 尋佑・田中 勝也(2017)「滋賀県の農業における生態系サービス支払の空間分布とその要因」環境経済・政策学会2017年大会(2017年9月9-10日, 高知工科大学).
  • 田中 勝也・川口 智哉・木村 誠・永松 由有(2017)「湖沼生態系のレジームシフトにおける環境保全型農業の役割:滋賀県西の湖における学際的モデル分析」第64回日本生態学会大会(2017年3月14-18日, 早稲田大学)
  • 田中 勝也・濱野 佐代子・奥田 順之・萬代 美喜恵(2017)「飼い主による終生飼養の可能性とその規定要因」ヒトと動物の関係学会第23回学術大会(2017年3月4-5日, 東京大学).
  • 夏 吾太・田中 勝也・西川 潮(2017)「能登地域における自然栽培農法の普及促進に関する経済分析」環境経済・政策学会2017年大会(2017年9月9-10日, 高知工科大学).
  • 萬代 美喜恵・田中 勝也・奥田 順之・濱野 佐代子(2017)「ペットの共生に関する調査から考察する同行避難のあり方」ヒトと動物の関係学会第23回学術大会(2017年3月4-5日, 東京大学).
  • 山下 英輝・田中 勝也・藤井 吉隆・八木 洋憲(2017)「環境直接支払における農家の採択要因の再考」日本農業経済学会2017年度大会(2017年3月28-29日, 千葉大学)
  • Ismono,H,R.Kada,and K.Tanaka(2016)“The Economics of Coffee Agroforestry System in Upper Sekampung Watershed” 16th World Lake Conference.
  • Kim,Y.and K.Tanaka(2016)“Spatial analysis of causal factors influencing China’s air pollution” Proceedings of the Sixth Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics.
  • Tanaka,K.,B.Arifin,H.Ismono and R.Kada(2016)“From Agroforestry System to Global Coffee Eco-Certification: A Study of Smallholders’Decisions in Sekampung Watersheds, Sumatra-Indonesia” Proceedings of the Sixth Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics.
  • Tanaka,K.(2016)“Analysis of Farmers’ Adoption Decisions of Sustainable Coffee Certification Using the Best-worst Scaling” International Union of Forest Research Organizations FORCOM/SFEM 2016.
  • 田中 勝也(2016)「ペットの飼育放棄における社会経済的要因の影響:都道府県パネルデータによる計量分析」『ヒトと動物の関係学会第22回学術大会』
  • 夏 吾太・田中 勝也(2016)「生態系サービス支払の普及における社会経済的影響:環境保全型農業直接支払交付金の事例から」環境経済・政策学会2016年大会(ポスター報告).
  • 柘植 隆宏・田中 勝也(2016)「遺伝資源利用に関する情報は保全意識を高めるか 」環境経済・政策学会2016年大会.
  • 高橋 卓也・田中 勝也(2016)「森林からの公共財供給メカニズムの実証計量分析―森林環境税、森林・山村多面的機能発揮対策交付金、緑の募金を対象として―」林業経済学会秋季大会.
  • Kim,Y.,K.Tanaka and C.Ge(2015)“Estimating the Province-Specific Environmental Kuznets Curve in China: A Geographically Weighted Regression Approach” Proceedings of the Fifth Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics.
  • Nagamatsu,Y.,K.Tanaka,T.Kawaguchi,M.Kimura,H.Somura(2015) “The Cost-Effectiveness of Agri-Environmental Payments in Japan: An Integrated Modeling Approach” Proceedings of the Fifth Congress of the East Asian Association of Environmental and Resource Economics.
  • 田中 勝也・中野 桂(2015)「地方創生にソーシャル・キャピタルが与える影響の空間計量分析」『第29回応用地域学会研究発表大会』
Translate »