滋賀大学は、豊かな人間性とグローバルな視野を備えた専門性の高い職業人の養成と、創造的な学術研究への挑戦を通して、人類と社会の持続可能な発展に貢献することを基本理念としている。
 そのうち国立大学最大規模である経済学部では、建学の精神を現代に活かした教育理念として「国際的な視野をもち、環境に配慮しつつ地域社会にも貢献できる、個性ある専門職業人(グローバル・スペシャリスト)の養成」を掲げ、その資質として「意識・知識・見識」の涵養とそれを基礎にした課題探求力の育成に取り組んでいる。
 なお、2017年4月には、同じキャンパス内に、日本初のデータサイエンス学部が開設され、経済学部とともに文理融合の研究ならびに教育に取り組んでいる。

1.所属分野 経済学系
2.研究分野 下記のいずれかの分野を研究している者
社会科学(経済学)、社会科学(社会学)、工学(土木工学)
3.採用予定数・職名 1名 教授・准教授・講師(本学の定年は65歳です。)
4.採用予定時期 令和3(2021)年4月1日またはそれ以降のできるだけ早い時期
5.勤務 ・勤務形態  常勤(任期なし)
・勤務場所  滋賀大学経済学部及び研究科
      (〒522-8522 滋賀県彦根市馬場1丁目1番1号)
・仕事内容  滋賀大学経済学部・同研究科(彦根キャンパス)において、「現代経済学基礎」や「ミクロ経済学」などの基幹科目を担当するとともに、行動経済学に関する研究及び教育を担当する。特に経済学のみならず、データに基づいた行動科学一般の研究を含み、データサイエンス学部との境界領域としても多くの成果を期待できることが望ましい。
6.応募資格 (1)博士の学位を有すること。
(2)当該研究分野における研究実績があり、学部及び大学院における教育・研究指導及び企業や自治体等との共同研究を担当できること。
(3)英語で授業できることが望ましい。
7.待遇 職  名:教授・准教授・講師
勤務時間:38時間45分/週(裁量労働制適用)
休  日:土曜日及び日曜日、国民の祝日、年末年始
休  暇:年次有給休暇、特別休暇
保険等 :労働保険、厚生年金保険、健康保険(文部科学省共済組合)加入
給  与:国立大学法人滋賀大学職員就業規則による。
その他 :滋賀大学の就業規則による。
8.応募締め切り 令和2(2020)年9月9日 17時必着
9.提出書類 (1)履歴書(所定様式)
(2)業績目録(所定様式)
(3)研究歴の概要(A4判2枚 2,000字程度)
(4)経済学部・同研究科における研究及び教育に関する抱負(A4判1枚、1,200字程度)
(5)主要業績(5編以内)
(6)写真(縦4㎝×横3㎝)
(7)連絡先確認票(所定様式)

上記(1)~(7)を下記の[送付先]にE-mail添付又は郵送で送付してください。なお、郵送される場合、「経済学部(経済学科)教員応募書類在中」と朱書きし、(5)については、コピーが5部必要です。E-mailにて送付される場合は、件名を「経済学部(経済学科)教員応募について」としてください。
10.選考内容 書類による選考後、面接のため来校いただく場合があります。
11.連絡先及び
資料送付先
(1)連絡先
〒522-8522 滋賀県彦根市馬場1-1-1
滋賀大学経済学部・データサイエンス学部共通事務部総務係
E-mail:ksyomu@biwako.shiga-u.ac.jp
TEL: 0749-27-1030

(2)送付先
〒522-8522 滋賀県彦根市馬場1-1-1
滋賀大学経済学部・データサイエンス学部共通事務部総務係「経済学部教員採用担当」
E-mail:ksyomu@biwako.shiga-u.ac.jp
TEL: 0749-27-1030

※ 応募書類等は原則として返却しませんので、ご了承ください。また、応募書類に含まれる個人情報は、選考及び採用業務に限定して利用します。
※ 滋賀大学では、教員採用において男女共同参画に配慮します。(2006年12月12日 滋賀大学教育研究評議会承認)

以  上

<本学部所定様式のダウンロード>

Translate »