滋賀大学は、経済、データサイエンス、教育の3学部と各研究科からなり、豊かな人間性とグローバルな視野を備えた専門性の高い職業人の養成と、創造的な学術研究への挑戦を通して、人類と社会の持続可能な発展に貢献することを基本理念とする。
 経済学部は、伝統と国立大学最大級の規模を活かし、「国際的な視野をもち、環境に配慮しつつ地域社会にも貢献できる、個性ある専門職業人(グローバル・スペシャリスト)の養成」に取り組んでいる。平成29(2017)年度以降は、同じ彦根キャンパス内に開設した日本初のデータサイエンス学部とともに、文理融合の新たな研究・教育にも取り組んでいる。

1.所属 経済学系
2.研究分野 大分類 社会科学  小分類 経営学
3.採用予定数・職名 1名 准教授または講師(本学の定年は65歳です。)
4.採用予定時期 令和4(2022)年4月1日またはそれ以降のできるだけ早い時期
5.勤務 ・勤務形態  常勤(任期なし)
・勤務場所  滋賀大学経済学部・大学院経済学研究科
      (〒522-8522 滋賀県彦根市馬場1-1-1)
※大津キャンパス(滋賀県大津市平津2-5-1)で業務に従事することもあります。
・仕事内容  滋賀大学経済学部・大学院経済学研究科において、「日本経営史」「近江商人経営論」等を担当する。演習科目や外国文献研究等も担当することがある。その他各種学内業務も分担する。
 研究・教育・社会連携においては、滋賀大学経済学部附属史料館が所蔵する近江商人や近江商人系企業(商社)の史料を用いて研究する意思があること。また、経営学の分野のみにとどまらず、経済学、会計学等にも関心を持ち、データサイエンス学部との共同・境界領域における成果を期待できることが望ましい。
6.応募資格 (1)当該研究分野の修士以上の学位を有し、着任時において大学院修士課程(博士課程前期)修了後3年以上の研究歴を有する者。
(2)学部・大学院における教育・研究指導及び企業や自治体および他の学術研究機関等との共同研究を担当できる者。
7.待遇 職  名:准教授または講師
勤務時間:38時間45分/週(裁量労働制適用)
休  日:土曜日及び日曜日、国民の祝日、年末年始
休  暇:年次有給休暇、特別休暇
保険等 :労働保険、厚生年金保険、健康保険(文部科学省共済組合)加入
給  与:国立大学法人滋賀大学新年俸制適用教員給料規程による。
その他 :滋賀大学の就業規則による。
[就業場所における受動喫煙防止のための取組事項]
・大学のすべてのキャンパスを「全面禁煙」としている。
8.応募締め切り 令和3(2021)年10月27日 17時必着
9.提出書類 (1)履歴書(JREC-IN 様式)
 学位については直近に取得したものを記入する(2 つまで)。
 性別の記載は任意とする。
(2)業績目録(JREC-IN 様式)
(3)研究歴の概要(A4判2枚、2,000字程度)
(4)主要業績(5編以内)
(5)経済学部・大学院経済学研究科における研究及び教育に関する抱負(A4判1枚、1,200字程度)

上記(1)~(5)のファイルを下記の[送付先]に電子メール添付にてご提出ください。
件名は「10/27 締切 経済学部(日本経営史)教員応募」としてください。
郵送での提出も可としますが、その際には「10/27 締切 経済学部(日本経営史)教員応募書類在中」と朱書きのうえ、書留郵便を使用し、(4)については、現物もしくはコピーを各5部同封してください。
※JREC-IN 様式については、科学技術振興機構の運営する JREC-IN(https://jrecin.jst.go.jp/)の「応募書類作成ツール」を使用して作成してください。
※メール受信後、担当より受理確認のメールを送ります。送信の翌々日までに確認メールが届かない場合にはご確認をお願いします。

10.選考内容 書類による選考後、面接(模擬授業を含む)のため来学いただく場合があります。面接の場合の旅費は一部自己負担となります。
11.連絡先及び
資料送付先
[連絡先]
〒522-8522 滋賀県彦根市馬場1-1-1
滋賀大学経済学部・データサイエンス学部共通事務部総務・企画係「経済学部教員採用担当」
TEL: 0749-27-1030
[送付先]
E-mail:ksyomu@biwako.shiga-u.ac.jp
(※お問い合わせについては、できる限りE-mailでのご連絡をお願いします。)

※ 応募書類等は原則として返却しませんので、ご了承ください。また、応募書類に含まれる個人情報は、選考及び採用業務に限定して利用します。
※ 滋賀大学では、教員採用において男女共同参画に配慮します。(2006年12月12日 滋賀大学教育研究評議会承認)

以  上

Translate »