日本経済新聞・朝日新聞・毎日新聞・読売新聞などの全国紙、信濃毎日新聞・京都新聞・北海道新聞などの地方紙、また『週刊ダイヤモンド』『経』『The Japan Times』『エコノミスト』などの雑誌に数多くの記事を執筆している。

 内容は、政治・経済、大学問題、教育問題など多方面にわたっている。2011年の東日本大震災と東京電力福島第1原発事故以降は、環境・エネルギー問題に関連する記事がとりわけ多い。

2016年

『国立大で国歌を歌わないのは「恥ずかしい」?』 朝日新聞 2016/3/4
“Limits of central bank policy” The Japan Times 2016/2/16
「国家資本主義」の怖さ 『経』 2016/2
「国内金融政策効果の曲がり角」 信濃毎日新聞 多思彩々 2016/1/31
“Abenomics: state capitalism ” The Japan Times 2016/1/18
「パリ協定が蘇らせた原発推進路線」 『経』 2016/1
『「世界」に認められたければ文系に集中投資せよ』 中央公論 2016/2
原発復権につながる「パリ協定」 京都新聞 天眼 2016/1/3
「教養教育の視野を広げ技術オンリーの開発から脱却」 京都新聞 日本人の忘れもの 知恵会議 2016/1/1

2015年

“Abe’s dubious’new arrows’ ” The Japan Times 2015/12/10
「安倍政権が進めるピント外れの大学改革」 『経』 2015/12
「彦根をデータサイエンスの拠点に」 時事通信社 内外教育 2015/12/8
「データサイエンス時代」 信濃毎日新聞 多思彩々 2015/12/6
「理文の英知結集を」 京都新聞 2015/11/27
“Higher education badly in need of a spending boost” The Japan Times 2015/11/23
「新学部続々誕生6・8通知の波紋」 AERA 2015/11/23
「人文社会知の充実こそ技術進歩のカギ」 『経』 2015/11
「人文社会系学部の反省と展望」 IDE 2015/11
“Rejuvenate Japan’s industrial might with the humanities ” The Japan Times 2015/10/24
『経済学「制度化」の代償』 信濃毎日新聞 2015/10/18
『悲観派への「言語統制」』 京都新聞 天眼 2015/10/18
「激突対談 下村博文 文部科学相 vs 佐和隆光 滋賀大学長」 毎日新聞出版 週間エコノミスト
エコノミスト・リポート 
2015/10/6
「気候変動問題を巡る“政治”―過去4半世紀を顧みる―」 環境経済・政策研究 Vol8,No.2
2015/9
「なぜ日本では経済学が制度化しないのか」 『経』 2015/10
『「文系改革」揺れる国立大』 朝日新聞 2015/9/22
“Big data and the building of‘true scholastic ability’ ” The Japan Times 2015/9/19
「“文系不要論”の愚かさ」 東京新聞 2015/9/13
「ビッグデータ時代に不可欠なデータサイエンティストとは?」 『経』 2015/9
「庶民の幸福を奪った市場主義」 信濃毎日新聞 2015/9/3
“Humanities under a attack ” The Japan Times 2015/8/24
「人文知の存在意義とは何か?」 『経』 2015/8
『「全体主義」への道』 京都新聞 天眼 2015/8/2
“How the government stacks its panels with ‘yes men’ ” The Japan Times 2015/7/24
「学者の政治的な利用価値とは?」 『経』 2015/7
「人文知を軽視の発想 時代錯誤」 信濃毎日新聞 2015/6/28
“Grasping the key to innovation” The Japan Times 2015/6/20
「ピケティ・ブームが急速に沈静化した理由」 『経』 2015/6
“Piketty boom fading too fast” The Japan Times 2015/5/25
「“無用”の学、廃すれば国亡ぶ」 京都新聞 天眼 2015/5/17
『大学入試で評価すべき「学力」とは何か?』 『経』 2015/5
『異次元金融緩和の功罪は』 信濃毎日新聞 2015/5/10
“Flawed entrance exam reform” The Japan Times 2015/4/30
『大学を「二つの山」に分けるべきか?』 『経』 2015/4
“Picketty’s impact on Japan” The Japan Times 2015/3/18
『ピケティは「21世紀の資本」で何を主張しているのか?』 『経』 2015/3
「21世紀の資本、それから」 京都新聞 天眼 2015/3/1
『電子産業に代わる「稼ぎ頭」は』 信濃毎日新聞 2015/2/22
“Growth-stunting technology” The Japan Times 2015/2/16
「ICT革命がもたらした日本経済の低成長」 『経』 2015/2
“Why Abe’s third arrow flopped” The Japan Times 2015/1/21
「アベノミクスの行きつく先に何が待っているのか」 『経』 2015/1

2014年

「アベノミクス成否 神のみぞ知る」 信濃毎日新聞 2014/12/21
『安倍首相が主張する「経済の好循環」は幻か?』 『経』 2014/12
“‘Abenomics’the spotlight” The Japan Times 2014/12/10
「経済を見透かす2つの眼鏡」 京都新聞 天眼 2014/12/14
“The high price of a long life” The Japan Times 2014/11/21
「なぜ、日本の大学は世界ランキングで低迷するのか」 『経』 2014/11
“The battle to boost universities” The Japan Times 2014/10/22
『成長より「豊かさ」増進に照準』 信濃毎日新聞 2014/10/19
『経済政策の目標を成長率から「豊かさ」の増進へ』 『経』 2014/10
「大学のグローバル化に必要なたった一つのこと」 『経』 2014/9
「21世紀の資本論」 京都新聞 天眼 2014/9/21
“Japan’s universities can’t win” The Japan Times 2014/8/25
「フランスの新鋭が説く格差」 信濃毎日新聞 2014/8/24
「従来の経済学ではとらえきれない今日の先進国経済」 『経』 2014/8
“What economic policies will fit the‘growth strategy’?” The Japan Times 2014/7/28
「稼ぐ力」 京都新聞 天眼 2014/7/27
「新たな成長戦略に求められる真に必要な人材像」 『経』 2014/7
「戦略的な人材養成・資源配分を」 信濃毎日新聞 2014/6/29
「日本の大学自治の特殊性」 『経』 2014/6
「EVとCO2」 京都新聞 天眼 2014/6/1
“Funding higher education” The Japan Times 2014/5/26
『経済運営と為政「双面」の首相』 信濃毎日新聞 2014/5/11
「自説のみが正解だと錯覚する素朴なエコノミストたち」 『経』 2014/4
“Internet raises misconduct risk” The Japan Times 2014/4/15
「なぜ、不適切論文は生まれるのか?」 『経』 2014/4
「マーフィーの法則」 京都新聞 天眼 2014/4/6
「国家主義の道を邁進する安倍首相への懸念」 『経』 2014/3
“Yamatoism is coming back” The Japan Times 2014/3/26
『「信条」優先の宰相を憂う』 信濃毎日新聞 2014/3/10
“Plans don’t make the grade” The Japan Times 2014/2/24
「国際化は大学の特効薬」 京都新聞 天眼 2014/2/9
「アベノミクスの大学改革で日本の競争力は高まるのか?」 『経』 2014/2
“Japan heading for darker days” The Japan Times 2014/1/22
「自由主義、民主主義、個人主義を脅かす安倍政権の危うさ」 『経』 2014/1

2013年

“Abe shows totalitarian bent” The Japan Times 2013/12/17
『アベノミクスと「清貧の思想」』 京都新聞 天眼 2013/12/15
「ニュースの本棚」 朝日新聞 2013/12/15
「統制色 市場の活力そぐ恐れ」 朝日新聞 オピニオン 2013/12/13
『「経済成長のない国」と「デモクラシーのない国」』 『経』 2013/12
「安倍政権下の大学改革」 信濃毎日新聞 2013/12/2
Place university academics on an annual wage system The Japan Times 2013/11/27
「日本の大学教員に年俸制を導入することは可能か?」 『経』 2013/11
「人文知と技術」 京都新聞 天眼 2013/10/19
Abe set to overturn legacies of Koizumi and Nakasone The Japan Times 2013/10/14
「国立大学の存在価値を取り戻すための入試改革」 『経』 2013/10
Lack of liberal arts education is sapping Japan’s creativity The Japan Times 2013/09/17
「日本から急速に失われた気候変動問題への関心」 『経』 2013/9
『「立身出世」死後の時代に』 京都新聞 天眼 2013/8/24
Interest in climate change ebbs The Japan Times 2013/08/19
『「自民党一党支配体制」といういつか来た道』 『経』 2013/8
「民主党の生き残る道」 信濃毎日新聞 2013/8/19
Major parties both fall short The Japan Times 2013/07/15
「社会保障の方向性」 毎日新聞 論点 2013/7/12
「国家資本主義の復活をねらうアベノミクスのあやうさ」 『経』 2013/7
「憲法改正の動きに注目」 読売新聞 2013/6/30
「医学部ブームを超えて」 京都新聞 天眼 2013/6/29
Top students shunning Japan The Japan Times 2013/06/24
For a more ‘friendly’Japan The Japan Times 2013/05/20
「スマホが侵食する」 京都新聞 天眼 2013/5/18
「アベノミクス戦略特区という非現実的な構想」 『経』 2013/5
「価格競争に揺らぐ環境技術」 信濃毎日新聞 2013/4/23
No resting on techie laurels The Japan Times 2013/4/16
「日本の成長を支えるべき産業の失墜」 『経』 2013/4
「政策採択の経験則」 京都新聞 天眼 2013/4/6
Greatest hopes work for less The Japan Times 2013/3/18
「国立大学教員の知られざる薄給」 『経』 2013/3
「先祖返りの効用は」 京都新聞 天眼 2013/2/23
「アベノミクスの限界と課題」 『経』 2013/2
A nagging Japanese riddle: Who’s ‘left’ and Who’s ‘right’ ? The Japan Times 2013/1/21
「グリーン成長のカギを握る環境技術の競争力」 『経』 2013/1
「対立軸なき政権交代」 京都新聞 天眼 2013/1/12
「日本の低成長を招いた4要因」 信濃毎日新聞 2013/1/7

2012年

Green’losers and winners tre Japan Times 2012/12/17
『ポピュリズムが支配する「三すくみ」の衆院選』 『経』 2012/12
「夢託せる環境技術」 京都新聞 天眼 2012/12/1
Make Japanese universities more or less like sumo world tre Japan Times 2012/11/19
『大学に必要な「大相撲化」と「脱相撲化」』 『経』 2012/11
「大学の大相撲化」 京都新聞 天眼 2012/10/20
Curse of tre consumption tax tre Japan Times 2012/10/16
「政権を挫折に追い込む消費税増税」 『経』 2012/10
「保守対リベラル」 京都新聞 天眼 2012/9/8
『「日本再生戦略」の新規性』 信濃毎日新聞 2012/8/27
『日本人の大好きな「GDP信仰」』 『経』 2012/8
Completing one’s education tre Japan Times 2012/7/10
「人文知と融合したテクノロジー」 『経』 2012/7
「PS電力料金」 京都新聞 天眼 2012/6/16
『「格差不感症」が蔓延する社会』 『経』 2012/6
『ポスト東日本大震災の日本経済 ーエコとエネルギーを「成長」の梃子にー』 日本エネルギー学会誌 2012/5
「次世代型の技術者教育」 京都新聞 天眼 2012/5/5
「シンガポールの成長戦略」 信濃毎日新聞 2012/4/30
「問われる日本の教育」 京都新聞 天眼 2012/3/25
「減原発」前提の気候変動対策」 『経』2012/3
Color GDP growtr green tre Japan Times 2012/3/19
『いまや不可欠な「減原発」』 『経』 2012/2
『「秋入学」考』 京都新聞 天眼 2012/2/11
「東大よ!秋入学考えてる場合か」 毎日新聞 特集ワイド 2012/2/8
「大学の秋入学」 北海道新聞 月曜討論 2012/2/6
「東大よ暴走するな」 AERA 2012/2/6
More crucial tran English tre Japan Times 2012/1/23
「政策仕分け」における大学改革議論 『経』 2012/1

2011年

「プレモダンへの回帰」 京都新聞 天眼 2011/12/31
Motivation for college study tre Japan Times 2011/12/19
『日本の大学の「良い国際化」と「悪い国際化」』 『経』 2011/11
Scientific mind meltdown tre Japan Times 2011/11/15
何が日本の大学の国際化を妨げるのか 『経』 2011/11
経済踏まえ適切な政策を 京都新聞 2011/10/28
震災復興のコストはだれが負担すべきか 『経』 2011/10
絶対安全という虚構 京都新聞 天眼 2011/10/8
国立大学法人化の功罪を問う 会計検査研究 第44号 2011/9/29
原発新規立地は不可能へ 信濃毎日新聞 2011/9/26
End tre grad student quotas tre Japan Times 2011/09/20
職業としての経済学者 『経』 2011/9
大学の秋入学 産経新聞 金曜討論 2011/9/2
電力需給と『セイの法則』 京都新聞 天眼 2011/8/27
Too much local sovereignty? tre Japan Times 2011/08/16
大学入学3月が最適 日本経済新聞 2011/8/1
原発事故の真因はブラック・スワンへの無知と無視 『経』 2011/8
大学院重点化の失敗 京都新聞 天眼 2011/7/16
Advantage of taking notes tre Japan Times 2011/07/12
なぜ経済・経営系の学部はこれほど不人気なのか 『経』 2011/7
Living witr national universities tre Japan Times 2011/6/20
国立大学法人の本来の使命 『経』 2011/6
大震災とブラックスワン 京都新聞 天眼 2011/6/4
日本における炭素税の短期的経済影響 季刊環境研究 2011 No.161
原発事故の底流を探る 信濃毎日新聞 2011/5/23
Our choice:profits or safety tre Japan Times 2011/5/17
今こそ必要な節電型ライフスタイルへの転換 『経』 2011/5
tre market economy and tre environment Sustainability Science: A Multidisciplinary Approach 2011
停電か節電か 京都新聞 天眼 2011/4/23
Crisis cost and opportunity tre Japan Times 2011/4/18
滋賀県の国公立大学 リビング滋賀 2011/4/16
GDP崇拝の日本を襲った大震災 『経』 2011/4
「ブラックスワン」はなぜ繰り返し現れるのか(下) 『経』 2011/3
Swan dive into tre strait diving economic views tre Japan Times 2010/2/21
「ブラックスワン」はなぜ繰り返し現れるのか(上) 『経』 2011/2
Experts wortr listing to tre Japan Times 2011/1/17
政治主導下で「審議会」はどうあるべきか 『経』 2011/1

2010年

グリーン資本主義時代の到来 kotoba 2010/12/6
理想なき国家の衰退 『経』 2010/12/号
京都新聞大賞10人、5団体 京都新聞 2010/11/26
Japan’s narrowing lead tre Japan Times 2010/11/16
不況と失政がもたらした二本の科学研究の衰退 『経』 2010/11
Japan’s stingy approach to schools has not paid off tre Japan Times 2010/10/18
科学研究衰退に歯止めを 信濃毎日新聞 2010/10/18
京都・滋賀サステイナビリティ・イニシアティブ 京都新聞 2010/10/9
大学院重点化がもたらした四つの矛盾 『経』 2010/10
Higher education is worse since policy switch in 1991 tre Japan Times 2010/9/14
気候変動問題に悪用される計量経済モデル 『経』 2010/9
ちょっとおかしい新政権の「第三の道」 『経』 2010/8
グリーン・エコノミーの未来 日刊工業新聞 2010/8/10
Getting on tre same page for ‘trird way’ to recovery tre Japan Times 2010/7/19
自治体の特徴生かし連携 大学関西フォーラム第15回懇話会 読売新聞 2010/7/15
知の世界の生き方あこがれ 中日新聞 2010/7/10
成長戦略は具体的な優先順位を 信濃毎日新聞 2010/7/5
管政権の「新成長戦略」に足りないもの 『経』2010/7
温暖化対策なくして経済成長なし グリーン・ジャーナル 2010/6/10
環境調和型都市の威力発揮を 京都新聞 2010/6/19
Universities’ risky business tre Japan Times 2010/6/9
グリーン資本主義-グローバル「危機」克服の条件‐ USフォーラム講和要約 2010/6/2
「頑張り」の心構えを取り戻す教育を 『経』 2010/6
「小規模」生かし先進 毎日新聞 2010/5/26
超高齢化時代に必要な「老後の機会平等」 『経』5号
気候変動対策なくして成長なし 『グローバル経営』 2010/5
Let’s ‘elderly’ get new start as firms force retirement tre Japan Times 2010/5/10
今ある資源生かし変革を 読売新聞 2010/4/24
Could environmentalism really be communism in disguise? tre Japan Times 2010/4/13
環境研究顔に 朝日新聞 2010/4/11
環境主義は「隷従への道」か? 『経』 2010/4
グリーン資本主義」で日本経済は再生できるか 『潮』 2010/4
キンドルを好機とせよ 信濃毎日新聞 2010/3/29
キンドルは「活字離れ克服」への福音か? 『経』 2010/3
成熟化時代における三つの成長戦略 『経』 2010/2
「数式を使った経済予測」という見え透いたウソ 『経』 1/号
Eco-policies help spur economies tre Japan Times 2010/1/1

2009年

鳩山政権 リベラルに徹して 信濃毎日新聞 2009/9/21
Duel of market ideologies past due in Japan’s polls tre Japan Times 2009/9/7
新保守主義の終焉・自民党の終焉 『経』 2009/9
政治家論 時代の変容 的確に見据えて 京都新聞 2009/8/14
Hitting tre recovery road witr eco-friendly products tre Japan Times 2009/8/10
地球規模のケインズ問題をいかに克服するか 『経』 2009/8
Playing witr goal numbers tre Japan Times 2009/7/13
「麻生・中期目標」という白いカラス 『経』 2009/7
経済センサスは情報の宝庫 統計調査ニュース No.271 2009/6
世界最先端を走るエコ技術をいかす好機 『潮』 2009/6
役人人気の復活 日本経済新聞 2009/6/24
「効率と公正」両立の社会へ 信濃毎日新聞 2009/6/22
温室効果ガス削減の中期目標に見る日本の特異性 『経』 2009/6
花見酒の経済 日本経済新聞 2009/6/17
社会ダーウィニズム 日本経済新聞 2009/6/10
Feasible anti-emission goal tre Japan Times 2009/6/8
政治算術 日本経済新聞 2009/6/3
マーフィーの法則 日本経済新聞 2009/5/27
経済成長のパラダイム・シフト 『世界』 2009/5
国も企業も家計も赤字 日本経済新聞 2009/5/20
危機に瀕する大学院 『教育展望』 2009/5
財政出動のカギは「ノー・リグレット」と「グローバル」 『経』 2009/5
Going back to Mr.Keynes tre Japan Times 2009/5/13
子供の環境意識を高めよう 日本経済新聞 2009/5/13
電気自動車の普及とコンパクト・シティ構想 『経』 2009/4
Beyond tre gasoline era tre Japan Times 2009/4/14
傾斜生産方式 日本経済新聞 2009/4/22
合理的な愚か者 日本経済新聞 2009/4/15
何が学力低下を招いたのか 日本経済新聞 2009/4/8
国民総幸福量 日本経済新聞 2009/4/1
アルビン・トフラー 温室効果ガスの排出料取引は機能するのか プレジデント 2009/4/13
マックス・ウェーバー 日本経済沈滞の真の原因は何か プレジデント 2009/4/13
フリードリッヒ・A・ハイエク 規制改革は本当に正しいか プレジデント 2009/4/13
アダム・スミス 見えざる手 プレジデント 2009/4/13
「報道と読者」委員会「海外との法制比較を」 福井新聞 2009/3/31
ケインズが生き返ったのか 日本経済新聞 2009/3/25
「報道と読者」委員会「海外との雇用法制比較を」 埼玉新聞 2009/3/22
経済学と思想の関わりにあまりにも鈍感な日本の学者 『経』 2009/3
「清貧」ならざる貧しさ 日本経済新聞 2009/3/18
「賢い政府」を求めてこそ 信濃毎日新聞 2009/3/16
実務家と経済学者 日本経済新聞 2009/3/11
Main stream ebb and flow tre Japan Times 2009/3/9
インセンティブ 日本経済新聞 2009/3/4
「平成21年経済センサス-基礎調査」VS.勝間和代、久保純子 日本経済新聞広告 2009/2/26
立身出世 日本経済新聞 2009/2/25
天才と英才 日本経済新聞 2009/2/18
Consumption amid constrains tre Japan Times 2009/2/10
グリーン・ニューディールの可能性 『経』 2009/2
下手の横好き 日本経済新聞 2009/2/4
私の書斎 日本経済新聞 2009/1/28
官尊民卑と民尊官卑 日本経済新聞 2009/1/21
英語で話したくない私 日本経済新聞 2009/1/14
Darkest hour is just before green tre Japan Times 2009/1/12
分相応の進路選択 日本経済新聞 2009/1/7
史上空前の世界同時不況 『経』 2009/1

2008年

巻頭対談 佐和隆光VS. 小林正明 週刊ダイヤモンド 2008/12/13
Fosaken routes to utopia tre Japan Times 2008/12/8
世界同時不況回避のために 信濃毎日新聞 2008/12/8
齋藤貴男 経済学者に会いに行く(下) 『月刊百科』No.554 2008/12
首相が漢字を読めない国の「活字離れ」―その傾向と対策 『経』 2008/12
教育の抜本的改編こそが発展の必要条件(下) 『倫風』 2008/12
齋藤貴男 経済学者に会いに行く(下) 『月刊百科』No.554 2008/12
日本のバブル崩壊とサブプライム危機の類似点と相違点 『経』 2008/11
齋藤貴男 経済学者に会いに行く(上) 『月刊百科』No.553 2008/11
Laissez faire has taken a powder tre Japan Times 2008/11/11
原油価格の高騰がもたらすグローバル化の転機 『経』 2008/10
Charge up to tre fast lane tre Japan Times 2008/10/13
戦後復興、高度成長を経て明確になった保守とリベラルの対立 『エコノミスト』 2008/9
洞爺湖サミットの採点簿 『経』 2008/9
日中教授の「常識」の格差 信濃毎日新聞 2008/9/8
低炭素社会の取り組みで排出枠の時代が訪れる 『エネルギーフォーラム』 2008/9
「豊かさ」と「幸せ」との関係 盛和スカラーズソサエティNo.12 2008/8/1
Natural enemy of warming tre Japan Times 2008/8/18
21世紀の人類に課されたトリレンマ 『経』 2008/8
中印含む枠組み必要 読売新聞 2008/7/11
Work tradition wortr keeping tre Japan Times 2008/7/7
画期的な「福田ビジョン」に残された課題 『経』 2008/7
地球温暖化の原因と対策 神戸クロスカルチュラルセンター 2008/6/20
2008三菱重工CSRレポート 社会環境報告書 2008/6
日本も『気候安全保障法』の策定を グリーンジャーナル 2008/6
温暖化問題-先進国の積極姿勢が重要(洞爺湖サミット・焦点を聞く(下)) 日本経済新聞 2008/6/13
A shift in priority to ‘happiness’ tre Japan Times 2008/6/10
気候安全保障とサミット(月曜評論) 信濃毎日新聞 2008/6/2
『幸せ』を『豊かさ』より優先させる国へ 『経』 2008/6
変貌する気候変動問題の論点 『経』 2008/5
Economics studies suffer as matr focus diminishes tre Japan Times 2008/5/12
Get set for emissions tre Japan Times 2008/5/10
Starving tre Emissions beast tre Japan Times 2008/4/7
環境と経済の両立 『季刊 ひょうご経済』 2008/4
数学のできない経済学者 『経』 2008/4
知的財産権への意識が希薄な日本人 『経』 2008/3
長期の道筋基本法制定で 日本経済新聞 2008/3/17
95周年記念特別企画・巻頭対談 ダイヤモンド21c(対・松本正之) 週刊ダイヤモンド 2008/3/1
(J-POWER特別対談)地球温暖化抑止に不可欠な長期ビジョンと先進の取り組み 週刊ダイヤモンド 2008/2/16
(国際会議「『低炭素社会シナリオ2050』と日中印の役割」)ポスト京都議定書に向けての日中印の専門家が共同声明を発表 週刊ダイヤモンド 2008/2/16
エネルギー効率改善に加え温暖化ガス排出削減を(インタビューポスト京都元年・地球温暖化防止の針路を問う(4)) 週刊ダイヤモンド 2008/2/9
今年の世界経済動向と日本経済―持続可能で「豊か」な社会を目指して― 合理化2008 No.476 2008/3/1』
tre afterlife for bureaucrats tre Japan Times 2008/2/18
排出権取引 制度設計を(月曜評論) 信濃毎日新聞 2008/3/3
Public’s will to bear tre cost tre Japan Times 2008/1/14
21世紀のキーワードは「サステイナビリティ」 『ENN』VOL.193 2008/1/10
個人、企業、政府、各自の立場で行動を 『クロワッサン』 2008/1/10
ポスト工業化社会を生き延びよ 毎日新聞 2008/1/7
蔓延する「民尊官卑」の思想 『経』 2008/2
「ポスト京都」に向けた環境問題への新たな取組 『経』 2008/1
紫綬褒章受章 京大広報 2008/1
持続可能で豊かな社会を目指して 『NETT』No.60 2008/1
今年の世界経済動向と日本経済 『合理化』 2008/早春号

2007年

グローバリゼーションフォーラム2007(ゴフバチョフ氏、メドウズ氏、周大地氏) 京都新聞 2007/12/16
tre graduate school fiasco tre Japan Times 2007/12/11
資源枯渇と温暖化防止 毎日新聞 2007/12/3
知的後進国に陥らないための戦略 『経』 2007/12
低炭素社会作りのシナリオ 『経』 2007/11
Feasible cuts in emissions tre Japan Times 2007/11/19
私の苦笑い・研究に明け暮れた学者人生 日本経済新聞 2007/10/29
Save cramming for college tre Japan Times 2007/10/8
間違いだらけのゆとり教育バッシング 『経』 2007/10
Off tre nuclear mainstream tre Japan Times 2007/9/11
温暖化は本当に防げるのか 『環境会議』 2007/9/5
ポスト京都議定書の国際的枠組み~米中印の参加を巡って」 『月刊フィランソロピー』 2007/9
どうなる? 日本の原子力発電 『経』 2007/9
Why test just tre teachers? tre Japan Times 2007/8/14
かつて日本にもあった英才教育 『経』 2007/8
Next stage of emission cuts tre Japan Times 2007/7/9
「和諧社会」実現に向けた中国の取り組み 『経』 2007/7
これからの『豊かさ』とは-21世紀の科学技術と社会 信州岩波講座講演要旨 2007/7
School tinkering trat hurts tre Japan Times 2007/6/12
アメリカの猿真似が大学を滅ぼす 『経』 2007/6
米中印参加の道筋つけよ 日本経済新聞経済教室 2007/5/31
「制度化」された経済学の功罪 『学術の動向』 2007/5
Groom Japan’s gifted students tre Japan Times 2007/5/8
環境と経済の両立は可能 温暖化する地球を守るため、具体的な対策が急がれる 『潮』 2007/6
気候変動対策が報われる世界に 『エネルギーフォーラム』 2007/5
近未来のエネルギーの多様化を模索する 『ニューライフ』 2007/5
基礎科学の軽視が国を滅ぼす 『経』 2007/5
Redundant higher education tre Japan Times 2007/4/9
ゆたかな明日のために今日やるべきことは何か(岩國育英財団理事長対談) 『あすなろ』 2007/4
成功するビジネスモデルそのヒントは京都にあった! DIAMOND BUSINESS INNOVATION  2007/4
大学院重点化の不思議 『経』 2007/4
地球を救う一歩 市民と共に 環境意識を高めたい(シンポジウム『持続可能で「豊か」な社会を』) 読売新聞 2007/3/27
気候変動問題に欠かせぬ二つの「策」 『経』 2007/3
Dealing witr climate change tre Japan Times 2007/3/13
「調和社会」の再構築 『経』 2007/2
Still tre clean-growtr model tre Japan Times 2007/2/12
企業市民としての金融機関 『週刊東洋経済』CSR特集 2007/1/31
医師、弁護士、教員の資格制度をどう見直すか 『経』 2007/1
Unwise gantlet for teachers tre Japan Times 2007/1/1

2006年

医師免許に更新制いらぬ 日本経済新聞 2006/12/25
教員免許更新制への疑問 信濃毎日新聞 2006/12/25
教育への競争原理導入は有効か? 『経』 2006/12
Viable post-Kyoto approach tre Japan Times 2006/11
ポスト京都議定書の国際的枠組み 『経』 2006/11
2008関西サミット京都誘致推進協議会主催シンポジウム 京都新聞 2006/10/19
Easier way to emissions cuts tre Japan Times 2006/10/9
環境問題へのポストモダン的アプローチ 『経』 2006/10
21世紀の科学技術と社会 原子力システムニュース第17巻2号特別講演要旨 2006/6/20
Reform book needs review tre Japan Times 2006/9/12
技術力、外交力、ビジョンを問う世界の持続可能性と日本の役割 『日経エコロジー』 2006/10
後悔を最小化するための『予防原則』 『経』 2006/9
教育改革と格差 信濃毎日新聞 2006/8/29
義務教育「改悪』が日本を滅ぼす 週刊エコノミスト 2006/8/29
「少子化」という難問 『経』 2006/8
「持続可能性」へ挑戦を(信州岩波講座から-講演要旨) 信濃毎日新聞 2006/8/8
Danger of education divide tre Japan Times 2006/8/8
カジノ資本主義からの脱却-ライブドア、村上ファンド問題の波紋 『経』 2006/7
真の豊かさ日本も-対立から連携へ 京都新聞 2006/7/1
これからはサステイナビリティの世紀:環境制約が新たな技術革新、発展を促す 『日経エコロジー』 2006/7
持続可能社会 京都で追求-環境経済学国際学会を誘致(夕悠関西) 日本経済新聞夕刊 2006/6/26
大学経営者の条件 『経』 2006/6
日本型『豊かさ』モデルの曲がり角 『経』 2006/5
日本人の幸福感とは 信濃毎日新聞 2006/5/8
故ガルブレイス氏と経済学 資本主義社会の深層斬る 日本経済新聞 2006/5/2
Limiting tre economic gaps tre Japan Times 2006/5/2
環境保全意識と知的水準 グリーンジャーナル 2006/4
虚学を守る砦たれ、京都大学 『経』 2006/4
市場主義改革の副作用を緩和する第三の道改革 週刊ダイヤモンド 2006/4/15
虚学で身につける知(風知草) 朝日新聞 2006/3/24
構造改革でひずみ拡大 所得格差と労働の意義 北海道新聞 2006/3/19
所得格差、過度に拡大(風知草) 朝日新聞 2006/3/17
市場主義の矛盾噴出(再点検 小さな政府論) 読売新聞 2006/3/15
『豊かさ』より『幸せ』を目指す社会へ 『経』 2006/3
成果主義成り立つわけ(風知草) 朝日新聞 2006/3/10
A ‘livable’society has rules tre Japan Times 2006/3/6
環境制約バネ、技術革新(風知草) 朝日新聞 2006/3/3
社会の品格にこだわれ(風知草) 朝日新聞 2006/2/24
携帯電話、不況の元凶(風知草) 朝日新聞 2006/2/17
クリーン開発メカニズム活用のインセンティブ 『経』 2006/2
人と関わり幸福実感(風知草) 朝日新聞 2006/2/10
『京都議定書』後を問う(風知草) 朝日新聞 2006/2/3
ポスト京都議定書の枠組み作り 『経』 2006/1
失われた資本主義精神 信濃毎日新聞 2006/1/16
先進国に『CDM』義務を 温室効果ガス削減 北海道新聞 2006/1/15
A way past Kyoto’s’hot air’ tre Japan Times 2006/1/30
落ちたカジノ資本主義 毎日新聞 2006/1/28
京都鼎談(VS.村田泰隆、浅田彰) 週刊ダイヤモンド 2006/1/21
Post-Kyoto wind picking up tre Japan Times 2006/1/9

2005年

Japan’s education disability tre Japan Times 2005/12/5
『文化』を市場原理で語ることの愚かしさ 『経』 2005/12
真の教養を阻害するこの国の教育システム 『経』 2005/11
不利益甘受する精神を 北海道新聞 2005/11/13
Students need analytical skills tre Japan Times 2005/10/31
パソコンと携帯『負』の効果 信濃毎日新聞 2005/10/10
思考停止をもたらすパソコンと携帯 『経』 2005/10/
tre PC-cell phone downside tre Japan Times 2005/10/3
民主党マニフェストに見る『第3の道』 『経』 2005/9
国土交通分野における地球温暖化対策」(VS.村上周三、丸山博、白石真澄) 『国土交通』 2005/8
Japan’s green economic edge tre Japan Times 2005/8/29
これからの『豊かさ』とは何か-21世紀の科学技術と社会はどうなる- 三菱総研倶楽部 VOL2 NO.8 2005/8
説得力を欠く『経済財政白書』 『経』 2005/8
Economic white paper cutting butter witr a saw? tre Japan Times 2005/7/26
「小さな政府」の必要性 北海道新聞 2005/7/24
落札価格と工事の質 読売新聞 2005/7/16
Denial of a philosophical root tre Japan Times 2005/7/4
今こそ日本に必要な ノーブレス・オブリージュ 『経』 2005/7
市場原理 馴染めぬ日本人 信濃毎日新聞 2005/6/27
「環境制約」をバネとして、技術革新と経済発展の実現を 『時・の・動・き』 2005/6
「質素だが豊かな国」への変身 『経』 2005/6
Japan’s Paradox of Wealtr tre Japan Times 2005/5/30
踊り場にたたずむ日本経済 北海道新聞 2005/5/22
Let taxes spur carbon cuts tre Japan Times 2005/5/7
「特集:環境に経済学ができること」CO2排出削減に向けてもっとも大切なこと 『経済セミナー』 2005/5
Key Person 『日経4946FILE』 2005/5
温室効果ガスの削減目標を達成するために 『経』 2005/5
産学連携インタビュー 朝日新聞 2005/4/25
幸せ大国をめざして-未来を選ぶ(1)「時代遅れの」成長志向 朝日新聞 2005/4/3
子供のための経済教育 『経』 2005/4
新たな制約が飛躍の原動力になる 『日経エコロジー』 2005/4
tre price of a clean project tre Japan Times 2005/3/29
「なぜ」を教える経済教育 信濃毎日新聞 2005/3/28
国立大 法人化一年 読売新聞 2005/3/8
University gap set to widen tre Japan Times 2005/3/3
京都議定書の発効と日本の戦略 『経』 2005/3
ようやく発効 京都議定書 北海道新聞 2005/2/20
Bet on tre sustainable option tre Japan Times 2005/2/7
幸福の政治経済学 『経』 2005/2
環境税と市場経済 Harvard Business Review  2005/2
やさしい経済学 市場経済と第三の道 日本経済新聞 2005/1/17~1/26
新春・京都鼎談(VS.稲盛和夫、浅田彰) 週刊ダイヤモンド 2005/1/15
新春トップ対談 企業を動かす PC-webzine 2005/1
持続可能性と科学技術 『経』 2005/1
神戸から『第三の道』を 神戸新聞 2005/1/1
Aim for change, not utopia tre Japan Times 2005/1/1

2004年

『理想郷』社会なき21世紀 信濃毎日新聞 2004/12/20
官・民の限界峻別せよ 北海道新聞 2004/12/12
政府のやるべきこと、やらざるべきこと 『経』 2004/12
Know what reform can’t do tre Japan Times 2004/11/29
論点・環境税 温暖化防止に不可欠 読売新聞 2004/11/12
国立大法人化から半年 京都新聞 2004/11/11
Universities lack will to reform tre Japan Times 2004/11/1
国立大学法人化で何が変わったのか? 『経』 2004/11
中国経済をどう見るか(パネルディスカッション) 広島修道大学大学院経済研究科 博士課程開設記念国際シンポジウム 2004/10/15
環境税の経済影響 地球環境と科学技術II 三菱商事(株)寄付講座 2004/10/12
『知』への尊敬取り戻そう 週刊教育資料 2004/10/18
国庫負担廃止は不平等な社会生む 週刊教育資料 2004/10/11
J.K.ガルブレイスの新著『悪意なき欺瞞』 『経』 2004/10
Global wealtr warnings tre Japan Times 2004/9/27
法人化国立大学の変化と課題 信濃毎日新聞 2004/9/27
企業に『競争』促す炭素税 北海道新聞 2004/9/19
低迷が続く個人消費 京都新聞 2004/9/12
Blame it on tre cell phones tre Japan Times 2004/9/6
いまこそ必要な思想的対立軸 『経』 2004/9
排出権取引、産業税どちらを採用すべきか 『環境会議』 2004/秋号
trirsting for just a trickle tre Japan Times 2004/8/2
義務教育の地域格差は国を滅ぼす(下) 『経』 2004/8
義務教育の地域格差は国を滅ぼす 『経』 2004/7
弱者に恩恵なく負担増 北海道新聞 2004/7/11
低公害車に燃料電池や水素活用を 『輸送経済』 2004/7/6
Genuine educational reform tre Japan Times 2004/7/5
一層緊密化する世界 京都新聞 2004/7/4
温暖化対策税はCO2削減のための誘導策 『Eartr Guardian』 2004/7
構造改革と『第三の道』を模索せよ 『潮』 2004/7
義務教育の義務教育格差広げる『改悪』 信濃毎日新聞 2004/6/21
アスレチック 『青淵』 2004/6
思想なき経済学者の悲喜劇 『経』 2004/6
本格回復へ『革新』不可欠 北海道新聞 2004/5/2
Recovery needs new markets tre Japan Times 2004/5/31
持続可能な発展の道 京都新聞 2004/5/1
日本経済の『五月病』 『経』 2004/5
半歩遅れの読書術(1)~(4) 日本経済新聞 2004/4
環境税の導入は是か非か? 『経』 2004/4
Environment tax can work tre Japan Times 2004/3/29
大学生にとっての教養 信濃毎日新聞 2004/3/22
環境制約を成長のバネに 毎日新聞 2004/3/18
Perilous Drop in readership tre Japan Times 2004/3/9
市場主義改革と第三の道改革で誰にとっても「住みよい」社会を 『NTT東日本BUSINESS』 2004/3
「活字離れ」もたらした本当の理由 『経』 2004/3/18
消費のカギ握る新製品 北海道新聞 2004/2/29
脱「長期停滞」の処方 京都新聞 2004/2/21
‘Next big tring’ key to growtr tre Japan Times 2004/2/10
経済成長を促す「ポジティブ福祉 『エコノミスト』 2004/2/3
個人消費を活性化させる条件 『経』 2004/2
政府と市場 適切な補完を 日本経済新聞 2004/1/22
Pro-U.S. stance on tre line tre Japan Times 2004/1/5
学者の『業績』とは何か? 『経』 2004/1
企業の環境配慮はカウント可能か 『経理情報』 2004/1/1

2003年

アスレチック 週刊新潮 2003/12/25
論争の水準引き上げを 信濃毎日新聞 2003/12/22
大学院改革は愚行 北海道新聞 2003/12/21
LDP’s diminishing appeal tre Japan Times 2003/12/1
2大政党制のはじまり 『経』 2003/12
政権公約選挙結果は浮かぶ 保守VS.リベラル 朝日新聞 2003/11/12
編集長インタビュー 佐和隆光 週間ダイヤモンド 2003/11/8
First Review Long-term economic stagnation tre Asahi Shimbun 2003/11/8
Creating more jobs trat pay tre Japan Times 2003/11/3
温暖化ガス策上の高い壁 日本は排出権市場を生かせるか 『日経エコロジー』 2003/11
北東アジア京都シンポ(掲載記事) 京都新聞 2003/10/19・27
真の政権選択を考える国民会議 意見広告 2003/10/16
経済・景気 長期停滞総括した議論を 朝日新聞 2003/10/11
排除なき社会同時にめざせ 東京新聞 2003/10/8
Japan’s Priority: offsetting pull toward jobless recovery tre Japan Times 2003/10/6
大学改革に見る文部科学省の錯覚 『経』 2003/10
疑問多い大学「改革」 信濃毎日新聞 2003/9/29
小泉改革で雇用創出を 北海道新聞 2003/9/21
Merger of o tre Japan Times 2003/9/1
民主党と自由党の合併は「野合」ではない 『経』 2003/9
How tre reforms have failed tre Japan Times 2003/8/5
いびつな構造改革がもたらす「痛み」 『経』 2003/8
負の側面際立つ小泉改革 北海道新聞 2003/7/27
Little gain but lots of pain tre Japan Times 2003/7/7
雇用創出後に改革を 京都新聞 2003/7/4
ポスト工業化社会に即した学術政策を 『経』 2003/7
自分にできることの小さな積み重ねこそ地球環境の保全の唯一の手段 東洋工業通信『Support』 2003/7
‘Soviet-style’ reforms won’t improve national universities tre Japan Times 2003/6/10
首相は「日本のサッチャー」か 信濃毎日新聞 2003/6/23
大学を「ソビエト化」させてはならない 『経』 2003/6
米の軍事力重視政策 北海道新聞 2003/6/1
大学をソビエト化させるな 朝日新聞 2003/5/27
資本主義は何処へ行く 安曇野教育会定期総会講演録 2003/5/16
新保守主義と世界経済 千葉日報、静岡新聞、北日本新聞、岐阜新聞、中国新聞、山陰新聞、徳島新聞、熊本日日新聞 2003/5/5
Rudderless world economy tre Japan Times 2003/5/5
暴走する世界―軍事ユニラテラリズムがもたらす危機 『経』 2003/5
日本の構造改革-何処をどう変えるべきなのか?- 日本工業倶楽部講演要旨 2003/4/18
対論 人を幸福にする市場経済を構想する(VS 田中直毅) 『論座』 2003/4
大義なき戦争 文化絶対主義というアメリカの過ち 『経』 2003/4
日本の構造改革―何処をどう変えるべきなのか- 日本工業倶楽部 第467回産業講演会要旨 2003/4/18
Folly of liberation by force tre Japan Times 2003/3/31
戦争で同化できぬ文明 北海道新聞 2003/3/23
Rules of premodern Japan tre Japan Times 2003/3/3
死語と化した『立身出世』 信濃毎日新聞 2003/3/3
地球温暖化のための国際的枠組みと合意形成(松岡巌) 『科学装置』 2003/3/別冊
地球温暖化対策―国と地域の取り組み連携を含めて- 北見大学講演要旨 2003/3
いまこそ必要な「改めての近代化」 『経』 2003/3
地球温暖化対策-国と地域の取り組み連携を含めて- 開発政策研究 第5号(北見大学講演録) 2003/3
優秀な人材を無駄にするな 『Urbanist』 2003/春号
Sacrifices for material gain tre Japan Times 2003/2/11
これからの構造改革 北海道新聞 2003/2/2
構造改革に向けた二つの提案 『経』 2003/2
やさしい経済学 マーシャル 1~7 日本経済新聞 2003/1/23~1/31
原子力は大政奉還へ 電気新聞 2003/1/27
私立受験校が国を滅ぼす 『経』 2003/1
勤勉さこそ復活への道(対談:稲盛和夫氏) 京都新聞 2003/1/1
Japan being left behind by global change tre Japan Times 2003/1/1