本日、文部科学省より、滋賀大学に来年4月をもって日本で初めての『データサイエンス学部』の設置を可とする旨の通知がありました。併せて、大学院教育学研究科に『高度教職実践専攻』(いわゆる『教職大学院』)を設置することも可となりました。

  特にデータサイエンス学部は滋賀大学待望の新学部であり、ビッグデータの創造的活用のための専門家の育成を目指します。

 今世紀の情報通信技術の飛躍的な発展により、今や社会のあらゆる領域において、数字、文字、画像や音声など様々な種類のデータが生成、集積され、いわゆる「ビッグデータ」時代に入っています。しかしながら、わが国では、欧米等と比較し、データ分析のスキルを有する人材や統計科学を専攻する人材が極めて少なく、危機的な状況にあると指摘されてきました。

 こうした状況に鑑み、本学では、わが国の今後の発展に極めて重要な「価値創造のための新たな科学」である「データサイエンス」の教育研究を推進することを決意し、本年4月には『データサイエンス教育研究センター』を設け、新学部設置に向けた諸準備を進めてきたところです。

  新学部では、データを収集、加工、処理するための情報技術、またそれらデータを分析、解析するための統計技術に加え、データ分析による知見をビジネスや政策など多様な領域における意思決定に活かし、様々な課題を解決していく、価値創造スキルを身に付けて、この国の将来を切り拓く若きデータサイエンティストを養成します。また、企業、官公庁、大学、研究機関等と幅広く連携して、わが国におけるデータサイエンスの普及、教育プログラム創出、人材のスキルアップにも貢献してまいります。

 この『データサイエンス学部』を核として、滋賀の地で、日本再興戦略2016でも指摘されている第4次産業革命を担う人材の育成供給と共に、AI、ビッグデータ、IoTなど先進的な基盤技術研究等を推し進めることが可能となることでしょう。

  また、「高度教職実践専攻」(「教職大学院」)は、学び成長し続ける高度な力量ある専門職業人としての教員の養成が目的です。そこでは、「学校経営力」と「教育実践力」の2つの開発コースを設け、いじめや不登校などへの組織的対応や特色ある学校づくりを推進するマネジメント力を持つ教員と、新たな価値を創造する力を子どもたちに身につけさせる実践的指導力を持つ教員を育てていきます。

  新しい滋賀大学の出発です。何とぞ、皆様方のご理解とご支援をお願いします。

 

  平成28年8月26日

滋 賀 大 学 長  位 田 隆 一