教育学研究科のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

学校教育専攻のディプロマ・ポリシー】

 教育学研究科修士課程では、本課程の教育目的のために設定された授業科目を所定の方法により履修した上で、単位を取得し、かつ、修士論文が「学位論文審査基準」を満たしたものに対し、以下の能力を習得したとして、修士(教育学)を授与する。

  1. 学び・成長し続けるための自己省察力と表現力
  2. 子どもや教育に関わる課題を分析・考察するとともに、その課題を解決していくための実践力
  3. 同僚、他職種、他機関、保護者、地域との協働力
  4. それぞれの専門領域に応じた専門知識と科学的俯瞰力

【高度教職実践専攻(教職大学院)のディプロマ・ポリシー】

 教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)では、以下の能力を身につけた学生に対して、教職修士(専門職)の学位を授与する。高度教職実践専攻では、以下の能力を修得することを修了認定の基準とする。

  1. 学び・成長し続けるための自己省察力
  2. 新たな学びを生み出すための学校課題解決力
  3. 同僚教師、専門家、地域との協働力
  4. 教職経験に応じて高めるべき能力:学校経営企画力(学校経営力開発コース)、新しい学びの構想力(教育実践力開発コース現職教員学生)、科学的俯瞰力(教育実践力開発コース学部新卒学生)