教育学研究科カリキュラム・ポリシー (教育課程編成・実施の方針)

 本研究科では、学位授与の方針に基づいて、高度専門的職業人の育成を目的として考案された教育課程にしたがい教育と研究指導を行う。この教育課程は、各専攻が求める高度な専門知識・技能および実践的指導力を獲得するために編成された科目群から成る。

学校教育専攻のカリキュラム・ポリシー

 ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)を実行・達成するために、以下の方針にもとづいてカリキュラム(教育課程)を編成し、実施する。

  1. 教育と心理に関わる現代的・実践的な諸課題をテーマにした最新の専門理論を学ぶ学校教育共通科目を設ける。
  2. 学生の関心のある教科・領域で、子ども、学校、地域の実態、必要性に応じて教育を行うための教材開発、理論の習得と実践の往還を行う教育実践科目を設ける
  3. 専門教科・領域に関わる専門性の追求を土台に、教育的知見を広げ、総合的・多面的に考察するために開放型カリキュラムとする
  4. 学生の個別ニーズに応じた少人数での演習と指導を重視する

【高度教職実践専攻(教職大学院)のカリキュラム・ポリシー】

 教育学研究科専門職学位課程(教職大学院)では,①理論と実践の融合の中で自らの実践的指導力を高める学びを続けるための自己省察力、②地域における学校教育の活性化を促し、地域の教育を牽引する新たな学びを生み出すための学校課題解決力、③他者とのコミュニケーションを通して教育課題の解決・改善に取り組むための同僚教師、専門家、地域との協働力、④教職経験に応じてその時期に固有に高めるべき能力:学校経営企画力(学校経営コース)、新しい学びの構想力(教育実践コース現職教員学生)、科学的俯瞰力(教育実践コース学部新卒学生)力という4つの能力の育成を目指していく。そのために、以下の方針に従って「共通科目」及び「コース科目」のカリキュラムを編成する。

  1. 現代的な諸課題をテーマに最新の専門理論・技術と実践の往還
  2. 時代が求める教育を地域に応じて展開できる理論の修得と実践
  3. 地域の学校・子どもの実態,必要性に応じた実践を行うための理論・技術の修得
  4. 地域の関係機関との連携による教職実践に関する充実した実習