教育学部のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 教育学部の改組に伴い2015(平成27)年度以降の入学生については以下の通り定められた。

【教育学部のディプロマ・ポリシー】

 本学部の教育目的のために設定された授業科目を所定の方法により履修し、単位を取得した者に対し、以下のような能力を修得したとして、学士(教育)を授与する。修得すべき授業科目には、講義、演習だけでなく教育実習などの現場の体験やフィールドワーク、卒業論文が含まれる。

  1. 自主的に課題を解決できる能力を持っている。
  2. 社会・文化・自然・環境などに対する的確な認識、学校教育に関わる基本的知識、及び得意分野に関する専門的知識を持っている。
  3. 取得免許状の種類に応じた教科指導や生徒指導について的確な認識を持っている。
  4. 教育現場において適切に思考し判断することができる。
  5. 教育の専門家に求められる使命感や倫理観を持っている。
  6. 社会人として適切に思考し、他者に対してわかりやすく伝えることができる。

 

 

2014(平成26)年度以前の入学生については以下の通りである。

【教育学部のディプロマ・ポリシー】

 本学部の教育目的のため設定された授業科目を所定の方法により履修し、単位を修得することによって、以下のような能力を身につけたものに対し、学士を授与する。修得すべき授業科目には、講義、演習だけでなく教育実習などの現場の体験やフィールドワーク、卒業論文が含まれる。

  • 自主的に課題を解決できる能力を持っている。
  • 学校教育に関わる基本的知識と得意分野に関する専門的知識を修得し、社会・文化・自然・環境などに対する的確な認識を持っている。
  • 社会において適切に思考し、他者に対してわかりやすく伝えることができる。

学校教員養成課程のディプロマ・ポリシー

 本学部の教育目的のため設定された授業科目を所定の方法により履修し、単位を修得することによって、以下のような能力を身につけたものに対し、学士(教育)を授与する。修得すべき授業科目には、講義、演習だけでなく教育実習などの現場の体験やフィールドワーク、卒業論文が含まれる。

  • 自主的に課題を解決できる能力を持っている。
  • 教育現場において、適切に思考し判断することができる。
  • 教育の専門家に求められる使命感や倫理観を持っている。
  • 学校教育に関わる基本的知識と得意分野に関する専門的知識を修得し、取得教員免許状の種類に応じた教科指導や生徒指導について的確な認識を持ち、他者に対してわかりやすく伝えることができる。

環境教育課程のディプロマ・ポリシー

 本学部の教育目的のため設定された授業科目を所定の方法により履修し、単位を修得することによって、以下のような能力を身につけたものに対し、学士(環境)を授与する。修得すべき授業科目には、講義、演習だけでなくフィールドワーク、卒業論文が含まれる。

  • 自主的に課題を解決できる能力を持っている。
  • 環境科学や環境教育に関わる確かな知識を修得している。
  • 地球規模から身近な事象まで、様々な環境の仕組みや問題を論じ、適切に思考し判断し、他者に対してわかりやすく伝えることができる。