経済学研究科<前期課程>のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 滋賀大学大学院経済学研究科博士前期課程は、経済学専攻、グローバル・ファイナンス専攻、経営学専攻からなり、下記に示すいずれかの条件を満たした者に修士(経済学、ファイナンス、経営学)の学位を授与します。

  1. 経済学、金融・ファイナンス、経営学等に関する最新の専門的知識を修得していること。
  2. 専門知識を基盤に、問題を探究し、解決できる能力を有していること。
  3. 高度専門職業人として、民間企業および地方公共団体で指導的役割を果たしたり税理士や研究者として活躍できたりする能力を有していること。
  4. 留学生においては帰国後、政府機関や民間企業において指導的役割を果たす能力を有していること。
  5. 研究者を目指す者は、博士後期課程へ進学するための素養を有していること。