経済学研究科<後期課程>のディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 滋賀大学大学院経済学研究科博士後期課程には経済経営リスク専攻がおかれています。下記に示すいずれかの条件を満たした者に博士(経済学あるいは経営学)の学位を授与します。

  1. 経済学及び経営学におけるリスクに関する最先端の知識と研究能力を修得していること。
  2. 新しく事業を創造することができるリスク分析能力とリスク管理能力を有していること。
  3. 派遣元企業や地方公共団体等で、リスク管理、企業創造、地域創造に関わって、指導的役割を果たす能力を有していること。
  4. 留学生においては帰国後、経済開発、地域開発、金融政策に携わる政治家・公務員あるいはベンチャー企業家や経営コンサルタント等として活躍する能力を有していること。