経済学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

 滋賀大学経済学部では、ディプロマ・ポリシーに基づき、以下のような方針に沿ってカリキュラムを作成している。

  1. 三層構造のカリキュラム
    第一層で、大学で学ぶ上での基本的手法・知識を学ぶことを目的とした入門科目、外国語科目、健康な心身の形成を目的とした体育科目を配置する。第二層で経済学部に必要とされる専門基礎学力を形成するためコア科目群を配置する。第三層で専門分野での学習を深め、問題発見・解決能力といった応用能力を獲得するための専門科目、専門演習を配置する。
  2. 全学共通教養科目群
    豊かな人間性の涵養と幅広い知識の獲得、コミュニケーション能力の育成を図るた め、人文・社会・自然・特定主題の4分野の全学共通教養科目群を配置する。
  3. 本学部の構成
    本学部は6学科で構成され、それぞれの学科が専門性・体系性を持ちつつ、互いに補い連携して学際的・総合的な専門科目を提供する。リカレント教育や勤労者向けの教育を目的とした夜間主社会人コースも同じ専門科目を提供する。また専門性と学際性を考慮し、将来の進路に対応して複数の学科の専門科目を体系的・計画的に学ぶ専門コースを提供する。

経済学科のカリキュラム・ポリシー

 多様な学説を学ぶ基礎理論科目、現状分析のための統計的手法や公共部門について学ぶ応用経済論科目、様々な問題を政策的観点から分析する政策経済論科目、国際的な経済関係や経済史について学ぶ比較経済論科目を開講する。

ファイナンス学科のカリキュラム・ポリシー

 金融・ファイナンスの基礎理論、政策を学ぶファイナンス計画科目、金融市場とその参加者、証券分析等を学ぶファイナンス市場科目、金融システムや銀行、保険等の制度的側面を中心に学ぶファイナンス・システム科目を開講する。

企業経営学科のカリキュラム・ポリシー

 企業経営におけるマネジメント・システムについて、その組織や体制、さらに歴史的側面について学ぶマネジメント講座科目、また企業を存続・発展させるための戦略や施策が何かを学ぶマネジメント・ポリシー講座科目、そして自社の製品、顧客や競争相手の分析を行ない、自社に売上や利益をもたらす施策について考えるマネジメント・サイエンス講座科目を開講する。

会計情報学科のカリキュラム・ポリシー

 企業外部の利害関係者への会計情報について学ぶ財務会計科目、 企業内部の経営管理のための会計情報について学ぶ管理会計科目、 企業活動の国際化に伴う会計上の問題について学ぶ国際会計科目を開講する。

情報管理学科のカリキュラム・ポリシー

 統計的な分析法やシステムのモデル化・最適化の方法を学ぶ数理科学科目、経営における情報の活用法や情報システムの役割を学ぶ経営情報科目、計算機科学の基礎理論と情報技術の応用を学ぶ情報基礎科目を開講する。

社会システム学科のカリキュラム・ポリシー

 現代社会の様々な出来事を幅広い視野から総合的に分析する力を養うことを目的に、現代社会を読み解くための基礎理論などを学ぶ社会システム論科目、法律の観点から社会の様々な現象の分析などを学ぶ法システム論科目、人間の「知」の在り方などについて多角的に学ぶ思考情報システム論科目、世界の様々な地域・社会について言語・文化や歴史の観点から学ぶ国際文化システム論科目を開講する。