大学院データサイエンス研究科(修士課程)のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

(ア)修士レベルのデータサイエンスの基礎的能力を修得させる。より具体的には次の能力である。

  • 大規模データを保存・加工・処理するための専門知識とスキル (エンジニアリングスキル)
  • データに内在するランダムネスを処理・測定するための専門知識とスキル (アナリシススキル)
  • 領域の課題ごとに適切な分析モデルを構築するための専門知識とスキル (モデリングスキル)

(イ)実際の問題を解決するための実践力を身につけさせる。より具体的には次の能力である。

  • 各領域の専門家と意思疎通し、適切な分析課題を設定するためのコミュニケーション力
  • 分析結果を分かりやすくし説明し、意思決定につなげるための提案力
  • 意思決定を実行に移すための実現力

上記の能力のうち一部のみを磨くことに特化するのではなく、データに基づく価値創造の過程全体を担う力量を高める。