大学院データサイエンス研究科<博士前期課程>のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

  1. データエンジニアリングとデータアナリシスの高度な専門知識とスキルを修得した上で、モデリングの方法論を修得し、データサイエンスに関する高度な知識とスキルを備えさせるために、大規模データを保存・加工・処理するための専門知識とスキルを学ぶデータエンジニアリング科目、データに内在するランダムネスを処理・測定するための専門知識とスキルを学ぶデータアナリシス科目、領域の課題ごとに適切な分析モデルを構築するための専門知識とスキルを学ぶモデリング科目、そして教育目的とカリキュラムの全体像を学生に伝えるために、前述のデータエンジニアリング科目・データアナリシス科目・モデリング科目の内容を概論する入門科目としてデータサイエンス概論を用意する。
  2. 課題の発見、データ収集・前処理、モデルの決定・最適化計算、結果の解釈、そして意思決定につなげる一連の過程を自らのイニシアティブで実施でき、価値創造に貢献できるようにするために、データエンジニアリング科目・データアナリシス科目・モデリング科目に加えて、データから価値創造するための「型」を身につけるとともに領域知識に触れたり、データから価値を創造するための修了研究を行ったりする価値創造科目を設ける。
  3. データ利活用の現場で相互補完的な専門性を有する仲間と協力して、組織目標を達成するための核となる基礎的経験を積むために、領域の専門家と連携してデータから価値を創造するための修了研究を行う価値創造科目を設ける。
  4. データ駆動型価値創造社会に貢献する人材として、データ利活用の社会的影響等を内省できる基礎的見識を備え、修了後の実務経験の中でデータに基づく意思決定に適切に反映できるようになるために、価値創造科目において実際のデータから価値を創造する経験を積む機会を提供する。
  5. 修了後の現場での課題に応じて、自律的に研究を進めることができ、多種多様な領域で価値創造するための適応力を備えられるように、学際領域であるデータサイエンスを網羅的に学ぶとともに実践も行うデータエンジニアリング科目、データアナリシス科目、モデリング科目、価値創造科目を用意する。

 1、2、3及び5の入門科目、データエンジニアリング科目、データアナリシス科目が対応する項目については、各項目の到達度を、各授業におけるレポートやプレゼンテーションによる報告、プログラミング課題等により評価する。

 1、2、3、4及び5の価値創造科目が対応する項目については、各項目の到達度を、実際の問題を抱える領域の専門家へ向けたレポートやプレゼンテーションによる報告及び提案、実施結果などにより評価する。

 修士論文については、上記の能力のうち一部のみを磨くことに特化するのではなく、データに基づく価値創造の過程全体を担う力量を高めることを重視し、定期的なミーティング等においても計画や進捗を確認・議論することで研究指導を行い、次の観点から評価する:

  • データサイエンス及びその関連分野における新たな成果を含むか
  • 記述の論理構成が緻密であり、学問体系における成果の位置づけが明確で、かつ当該研究課題の周辺領域の専門家にも成果の意義が明快に伝わるか
Translate »