データサイエンス学部のカリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

  • 人間社会や自然環境に対する問題意識や見識を涵養するために全学共通教養科目を、また読解力、表現力、論理的な思考力を涵養するために語学科目を設け、データサイエンティストとして活躍するための基礎的な素養を身に着けさせる。
  • データサイエンティストとしての基礎的な能力を育成するために、統計学と情報学の専門的知識の習得と、それらの知識を用いた情報機器操作能力の養成を図る。
  • データ利活用の現場で必要とされるさまざまな専門性を養成するため、多様な領域に関する講義科目を設けるのみならず、対応する演習によって実装力を養う。
  • データサイエンティストとしてのデータ利活用力、コミュニケーション力、組織目標追求力を養い、さらにデータを扱うものとしての倫理観を養成するために、少人数による課題解決型演習科目を設ける。
  • 様々な領域における問題群から自律的に課題を設定し、背景を調べ、革新的な価値を創造する力を育成するために、卒業研究を課す。