教育実践優秀賞 (教員表彰制度)について

教員表彰制度として教育実践優秀賞を創設し、平成26年度から実施しています。

(1) 目的

 教員が実践している教育活動の中で、特に優れた教育活動を顕彰し、その優れた教育実践を他の教員に普及させていくために、教育実践優秀賞を創設しました。教育実践の視点(テーマ)を設定し、そのテーマに関する特に優れた教育実践を選考します。

(2)テーマの設定

 教育実践優秀賞のテーマは、教育・学生支援機構において、年度ごとに設定しています。

(3)選考について

 教員は、教員個人評価を行うために提出する自己点検報告書の教育活動領域の項目「教育実践優秀賞に関する活動」において、教育実践優秀賞のテーマに関する取り組みを記述します。実践内容を記載した教員を選考対象とし、教育・学生支援機構で選考を行います。

平成31年度(2019年度)教育実践優秀賞のテーマ

 『学生の学びを促す授業改革の試み』

平成30年度教育実践優秀賞のテーマ

 『学生の学びを促す授業改革の試み』

平成29年度教育実践優秀賞のテーマ

 『アクティブ・ラーニングを取り入れた授業改革の試み』

平成28年度教育実践優秀賞のテーマ

 『アクティブ・ラーニングを取り入れた授業改革の試み』

平成27年度教育実践優秀賞のテーマ

 『学生の授業外学習を促す取組』