プレミア・ウェルネスサイエンス(株)代表取締役社長 細山紳二氏が「アントレプレナーシップⅠ」で学生に講義

本学では、変化の大きな時代の中で、自立した個人としての問題意識を持ち、社会をより良い方向に変革するためのアントレプレナーシップの醸成を目的として、「アントレプレナーシップⅠ」(担当教員:上田特任教授)を10月より開講しています。

11月18日(木)の授業(セッション7)では、プレミア・ウエルネスサイエンス(株)の代表取締役CEOの細山紳二さんをお招きして、デジタル経済圏を包括した事業開発とマーケティング実学についてお話しいただきました。
細山CEOは、若くして起業を志し自己資金を貯めて、21歳で最初の会社を起業。その後複数の会社において、デジタルマーケティングや事業開発の分野でご活躍されています。
今回の講義では、起業・転職するごとに身に付けたスキルを活かして、現在企業内起業を勧めている中で、先を見通す力の重要性や、記憶のデザインとしてのマーケティング、イデオロギーに固執しない視座など、これから社会に出る学生に向けてのアドバイスを多数いただきました。

細山氏