令和3年度第2回起業相談会を開催しました

令和元年より、産学公連携推進機構では、起業についてより知識を深めてもらうために、「アントレプレナーシップⅠ,Ⅱ」の講義を担当する上田特任教授が主任カウンセラーとなり、「起業相談会」を年4回定期的に開催しています。
令和3年度2回目の「起業相談会」は10月22日(金)、29日(金)に行われ、5組6人の参加者がありました。
今回は、22日のアドバイザーに滋賀大学発ベンチャーとして認定されている「株式会社イヴケア」の五十棲社長を迎え、ビジネスプランを作る作法や起業後に考えるポイントなど実践的なアドバイスなどで、約1時間の熱のこもった質疑が行われました。
次回は12月に開催する予定です。

〈上田特任教授 第2回起業相談会を終えての談話〉
「起業相談会も回を重ねるごとに、大学生、大学院生、教員等幅広い層が相談に訪れるようになった。社会自体も、また滋賀大学でも、「起業」が身近な話題になってきた証拠であろう。今回、学生と比較的同じ目線でのアドバイスができると思ったので、五十棲社長(大学発ベンチャー(株)イヴケア)に参加いただいた。このように滋賀大学の起業コミュニティが拡がれば、さらに面白い展開が生れてくると思う。」

対面で相談する様子
対面で相談する様子
オンラインで相談する様子