ウエルネスツーリズムプロデューサー養成講座2020の最優秀ビジネスプランが 国土交通省観光庁の「地域の観光資源の磨き上げを通じた域内連携促進に向けた実証事業」 に採択されました。

 一般社団法人栗東市観光協会の「ホースセラピーを軸としたウエルネスツーリズム事業」が令和3年度国土交通省観光庁の「地域の観光資源の磨き上げを通じた域内連携促進に向けた実証事業」による支援事業の選定(第1次)に応募し採択されました。
 このプランは、滋賀大学で2020年度開催した「ウエルネスツーリズムプロデューサー養成講座2020」で、(一社)栗東観光協会職員、ヨガインストラクター、(一社)神戸六甲健康保養地研究所所員、ホテル&スパのコンサルティング会社員の4名で構成されたチーム(チーム名:栗東go!go!)で創出した最優秀ビジネスプラン「笑顔あふれるウェルネスツーリズムユニバーサルプラン」をベースとしたものです。
 本講座は2019年度から開講し、実践的なプログラムを通じて、観光産業における事業創出、事業実施を推進する中核人材の創出、育成を目的として本年度で3回目開催となります。今回このように本講座の修了生の事業プランが採択されたことは、大学の地域貢献にもつながり、健康志向が進む社会におけるウエルネスツーリズムへの期待の高まりを示すものです。今後も、修了生を輩出するとともに、地域活性化のための新たな事業プランの創出に貢献していきたいと思います。

【事業概要】「ホースセラピーを軸としたウエルネスツーリズム事業」

JRA栗東トレーニング・センターがある「馬のまち栗東」として「馬」を独自の観光資源として捉え、引退競走馬に触れ合うホースセラピーを軸に、自然豊かな金勝山エリアでのウエルネスツーリズムをかけ合わせた新たな価値創造事業。地域事業者と連携し、福祉のレクリエーション向けと、ウエルネスプログラム対象の一般向けの着地型観光商品の事業検証をする。

国土交通省観光庁の「地域の観光資源の磨き上げを通じた域内連携促進に向けた実証事業」による支援事業の公募(第1次)