「ウエルネスツーリズムプロデューサー養成講座2021」受講生募集(締切:令和3年7月1日(木))

 滋賀大学では、本日より「滋賀大学ウエルネスツーリズムプロデューサー養成講座2021」の受講生募集を開始します。
ウエルネスツーリズムは、自然散策、ヨガ、瞑想、フィットネス、スパ、食、レクリエーション、交流などを通して、地域の資源に触れ、心と身体をリフレッシュし、明日への活力を得る旅のことです。*1)
滋賀大学が立地する滋賀県は、2015年に平均寿命で男性が全国1位、女性も4位となり、長寿県としてクローズアップされました。琵琶湖を中心に自然や文化資源が豊富で、県民が積極的にウォーキングやサイクリングなどの健康維持活動、スポーツに親しみ、禁煙や発酵食品など普段から健康や食にも気を配っていることが理由としてあげられます。ウエルネスツーリズムを展開するいい条件にあります。シニアや外国人がツーリズムの主体となるなか、ウエルネスツーリズムは、これまでの観光の形態を滞在、体験型に変革していく大きな可能性を有しています。
  また、アフターコロナ時代のツーリズムに関して、免疫力の強化に寄与するウエルネスツーリズムが旅の主流になることが期待されます。本講座は、実践的なプログラムを通じて、事業創出、事業実施を推進する中核人材の創出、育成を図るものです。関心のある多くの皆さまの参加をお待ちしています。

【受講対象者】 性別、居住地を問いません。ホテル・旅館、観光産業、サービス業や医療・福祉法人に従事している方、観光産業に新規参入を考えている方、観光戦略立案に関わる行政や関係機関の担当者

【受講要件】 原則として、カリキュラムの全講座に参加可能な方

【募集定員】15名   (受講者は選考を行い決定いたします)※一部講座については、滋賀県全域を対象とする地域連携DMO「(公社)びわこビジターズビューロー」が主催する「しが観光人材育成アカデミー」の受講生と一緒に受講していただきます。

【受講料】 無料   (先進事例視察時の現地最寄駅までの交通費、1泊2食宿泊料、昼食代、交流会費用は自己負担。テストツアー時の現地まで交通費、食事代は自己負担でお願いします)

【会場】 滋賀大学彦根キャンパス(滋賀県彦根市馬場1丁目1-1)外※講義は、主に滋賀大学彦根キャンパス及び、滋賀大学大津サテライトプラザで行います。

【期間・時間】 全9回/2021年8月~2022年1月 ※時間については各回によって異なる為、募集パンフレットをご参照ください

【お申込み】 下記のWEBサイトの応募フォームへアクセスし、必要項目を入力してお申し込みください。

お申込み締切】2021年7月1日(木)17時
*1)滋賀大学では「ウエルネスツーリズム」の定義について下記文献を参考にしつつ、滋賀県及び周辺地域で展開しやすいように設定。 (参考文献) 荒川雅志(2017)「ウェルネスツーリズム-サードプレイスへの旅-」フレグランスジャーナル社 西村 典芳(2016)「ヘルスツーリズムによる地方創生 – 健康長寿を目指して「お散歩でこの国を元気にする」- 」カナリアコミュニケーションズ 森本兼曩・阿岸祐幸(2019)「温泉・森林浴と健康 – 自然の癒しから未病予防医学へ – 」大修館書店 NPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構ホームページ