滋賀大学公共経営イブニングスクール出版記念特別セミナーを開催しました

 3月9日(火)大津サテライトプラザにおいて、滋賀大学公共経営イブニングスクール「アフターコロナの都市計画-変化に対応するための地域主導型改革-」出版記念特別セミナーを開催しました。

 本セミナーでは、著者である産学公連携推進機構 石井良一教授から、本書で示した問題提起について説明があり、自治体の先進事例である栃木県桜川市の事例紹介を行い、今後の都市計画のあり方について議論を行いました。

 対談「都市計画の地域主導型改革を進めるために」では、立命館大学理工学部 岡井有佳教授、龍谷大学政策学部 阿部大輔教授と論議を深め、参加者からも質問があり活気あるセミナーとなりました。

 コロナウイルスの感染防止対策のため、会場とオンラインにより約30名が参加し、マスク着用、換気を行うなど、安全な環境を確保し実施しました。

滋賀大学産学公連携推進機構
 石井教授
対談の様子
立命館大学理工学部 岡井教授
龍谷大学政策学部 阿部教授