授業風景

 教養教育は、本学の基本理念「専門性の高い職業人の養成」の一環として、全学及び各学部のディプロマ・ポリシーに基づき、深い教養と高い倫理に支えられた人間性、グローバルな視野と精神、地域社会の発展に貢献する意欲と能力、文系・理系双方の科学に通じた文理融合型知性などを有した人材の育成を目指し、各学部の教育課程に組み込まれて開講しています。

 本学の教養教育は、大学教育全体の基礎となる科目の履修と、いわゆる教養を身につけるための科目の履修とからなります。前者には、大学入門科目、後者には、外国語科目、体育科目、全学共通教養科目が含まれます。

 大学入門科目は、新入生に対して大学生活への適応を促し、基礎能力をつけるためのものです。外国語科目、体育科目に関しては、それぞれの学部の理念を反映した形で実施されます。全学共通教養科目は、人文科学・社会科学・自然科学・特定主題の4分野からなり、本学の全教員が担当します。

 本学で開講する全学共通教養科目の一覧表については、以下から閲覧できます。

 

 

※2018年度以前の全学共通教養科目一覧については、各学部の履修手引等でご確認ください。