滋賀大学大学院教育学研究科 高度教職実践専攻(教職大学院)のアドミッション・ポリシー

本研究科は、教育に関する社会的要請に応えうる専門的学識や高い実践的能力を持った学校教員、及び様々な領域や分野で地域の教育に関わり活躍しうる教育者の育成を目指して、以下のような人材を広く求めています。

【求める学生像】

1.本専攻の学修に必要な基礎的能力や教育実践経験を有する方

2.学校や地域が直面する諸課題の解決に強い意欲をもつ方

3.教員としての基本的資質・能力を有し、実践的指導力向上への意欲をもつ方

4.研究成果を学校や地域の教育に還元しようとする熱意をもつ方

【入学者選抜方法】

現職教員に対しては、修学への適性や熱意などを判断するため教育研究計画書及び教育研究に関する調書に基づく口述試験を行います。

学部新卒生等については、各コースに関する基礎的な知識・能力を判断するための論述試験のほか、修学への適性や熱意などを判断する口述試験を行います。

Translate »