お知らせ(2020年8月7日更新)

1「教育学部総合型選抜について」を掲載しました。
入学者選抜の概要・小論文の説明・ポスター発表の説明等の詳細が書かれています。
以下からダウンロードしてください。
教育学部総合型選抜について
2 教育学部総合型選抜の第2次選抜において使用する課題図書は、以下の通りです。
詳細は第1次選抜後に通知します。
(課題図書)
PHP文庫『はじめて考えるときのように 「わかる」ための哲学的道案内』
著者 野矢茂樹(文)、植田 真(絵)
発行 PHP研究所 定価 619円+税 ISBN:4-569-66203-X
3 教育学部総合型選抜の志望理由書(PDFファイル)は以下からダウンロードできます。
志望理由書

学校教員になろうとする強い意欲に加えて、論理的に考えて判断し表現する力、対話や議論をする力に重点をおき、大学入学共通テストは課さず、小論文、ポスター発表の成績に基づいて合否を判定します。

選抜日程

選抜 出願期間 選抜試験 通過者発表
及び合格者発表
総合型選抜 令和2年9月15日(火)~9月18日(金)
第1次選抜
令和2年9月26日(土)
第1次選抜通過者発表
令和2年10月9日(金)
第2次選抜
令和2年11月22日(日)
第2次選抜合格者発表
令和2年12月11日(金)

募集人員

学校教育教員養成課程 21名

出願資格

次の各号のすべてに該当する者とします。

1.高等学校(特別支援学校の高等部及び中等教育学校の後期課程並びに文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設を含む。以下同じ)を平成31年4月1日から令和3年3月31日までに、卒業(修了)した者又は卒業(修了)見込みの者。
2.学校教員になる強い意欲を持つ者。
3.高等学校の調査書における学業成績の全体の学習成績の状況が3.5以上の者。
4.合格した場合は、入学することを確約できる者。

選抜方法

入学者の選抜は、大学入学共通テストを課さず、次のとおり第1次選抜及び第2次選抜を実施します。なお、調査書、志望理由書により高等学校等での基礎的学力と学校教員になろうとする意欲を確認します。
[第1次選抜]
大学教員による講義を行い、小論文を課します。
[第2次選抜]
第1次選抜の通過者に対して、課題図書の内容に関するポスター発表(質疑応答を含む)を課します。
ポスター発表用のポスターは、各自で作成し、当日持参してもらいます。ポスターの大きさは B1サイズ(728㎜×1030㎜ 日本工業規格)とします。ポスター作成に際しての条件や留意点は、第1次選抜の通過者に別途通知いたします。

配点

科目等 配点
第1次選抜
配点合計
第2次選抜
総合点
第1次選抜
小論文
(講義受講を含む)
300
300
800
第2次選抜
ポスター発表
(質疑応答を含む)
500

合格判定とコース所属

1.第1次選抜においては小論文の成績により順位を決定します。第2次選抜においては第1次選抜の小論文及び第2次選抜のポスター発表の成績の総合点によって順位を決定します。総合点の同点者は同順位として扱います。
2.本学部が実施する試験において、必要とする第1次選抜の小論文(講義受講を含む)、第2次選抜のポスター発表の一部又は全部を受験しなかった者は、合否判定の対象になりません。
3.教育学部 学校推薦型選抜(一般・地域)と教育学部 総合型選抜を受験していずれも合格した場合は教育学部 学校推薦型選抜(一般・地域)の合格者として扱い、教育学部 総合型選抜の合格者数には加えません。なお、一般推薦と地域推薦の両方を受験していずれも合格した場合には地域推薦での合格として扱い、一般推薦の合格者数には加えません。
4.選抜ごとの総合点が満点の50%未満の者は不合格とする場合があります。
5.総合型選抜合格者の所属コース・専攻・専修は、1年次春学期終了時までに本人の希望と入学後の成績等により決定します。

Translate »