滋賀大学大学院経済学研究科 博士前期課程のアドミッション・ポリシー

滋賀大学大学院経済学研究科博士前期課程は,教育理念・目標に基づき,次のような人を求めています。

・いずれかの専門分野において学士課程を卒業した者(見込含む)またはそれと同等以上の学力のある者で,経済学研究科で学ぶために必要な知識,論理的思考力と表現力,コミュニケーション能力をもつ人
・経済学,経営学,あるいはグローバル・ファイナンスにおける知の探究と創造に意欲と能力のある人
・国際社会・地域社会の課題の発見とその解決に主体的に専門知識と見識・教養をもって取り組む高度専門職業人を目指す人

このような人材を選抜するために,推薦入試および社会人入試(派遣社会人,熟年社会人)では,出願書類および口述試験によって志願者の資質を適切に評価します。また,一般入試,社会人入試(一般),外国人留学生入試では,出願書類,筆記試験,口述試験によって志願者の資質を適切に評価します。

滋賀大学大学院経済学研究科 博士後期課程のアドミッション・ポリシー

滋賀大学大学院経済学研究科博士後期課程は,教育理念・目標に基づき,次のような人を求めています。

・いずれかの専門分野において修士課程を修了した者(見込含む)またはそれと同等以上の学力がある者で,専門的知識を持ち,論理的思考力と表現力,リサーチ能力をもつ実務経験者ないしはそれに相当する人
・経済学または経営学,及びリスクに関する知の探求と創造に高い意欲と能力のある人
・国際社会・地域社会の課題の発見とその解決に高度な専門知識と見識・教養をもって指導的役割を果たすリスク・リサーチャーを目指す人

このような人材を選抜するために,博士後期課程入試では,派遣志願者に対しては研究業績,審査用論文および研究計画等の出願書類よる論文審査と口述試験によって,志願者の資質を適切に評価します。また,一般志願者に対しては論文審査,口述試験に英語外部検定試験の成績を加えて,志願者の資質を適切に評価します。

Translate »