8月31日(水)、日本商工会議所の久貝卓常務理事らご一行が本学を訪問されました。

 日本商工会議所は現政権が推進する地域のスタートアップ支援、DX支援等について全国の先進的な取組を調査されており、このたび、産官学金連携で近江テック・アカデミーを設立し、テレワークオフィス運営も行っている彦根市の現地視察を実施されました。

 視察においては、上記取組のキーパーソンである本学と意見交換を行いたいと、久貝常務理事、西谷理事らご一行が来校されました。
 ご一行は本学学生が運営スタッフとして活躍している彦根市テレワークオフィス「INSPILAKE」を視察された後、彦根キャンパスにて、竹村学長や須江理事・副学長と会談されました。
 会談では、諸外国と比べ著しく遅れているデータサイエンス人材の育成推進や地域連携等による新技術開発、企業DX支援等、本学が行っている様々な取組みについて大変興味深く耳を傾けていただき、「地域創生を牽引する大学として、これからも頑張って頂きたい」とのお言葉を賜りました。

 本学は今後とも商工会議所をはじめとして地域連携を強力に進め、未来創生に向けたイノベーション・コモンズ形成に取り組んで参ります。

久貝常務理事

久貝常務理事と会談する竹村学長

関係者との集合写真(中央左:久貝常務理事、中央:竹村学長、中央右:西谷理事)

【このページの作成】
 広報課

Translate »