8月24日付けで「滋賀大学数理・データサイエンス・AI教育プログラム」が文部科学省から「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(応用基礎レベル)」に認定されました。特に、データサイエンス学部のプログラムについては、認定された教育プログラムのうち、先導的で独自の工夫・特色を有するとして「応用基礎レベル+(プラス)」に選定されました。

 この制度は、学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、それを適切に理解し活用する基礎的な能力(リテラシーレベル)や、課題を解決するための実践的な能力(応用基礎レベル)を育成することを目的として、数理・データサイエンス・AIに関する知識及び技術について体系的な教育を行うプログラムを文部科学大臣が認定及び選定して奨励するものです。

 本学では全国に先駆けて、全学部学生を対象とした「滋賀大学数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」を令和2年度から開始しており、令和3年度からは同プログラムの「応用基礎レベル」を新たに設けています。リテラシーレベルについては、すべての学生が身に着けるべき基礎的な能力を養うことを、応用基礎レベルについては、自らの専門分野への活用を可能とする応用基礎力を修得することを目的としています。

 リテラシーレベルについては、昨年度、先導的で独自の工夫・特色を有するとして政府から同教育プログラム「リテラシ-レベル+(プラス)」として選定されたところですが、今回申請した応用基礎レベルについても、データサイエンス学部のプログラムが企業と連携した実データの活用などの特色ある取組で評価され、「応用基礎レベル+(プラス)」として特別に選定(全国で9大学のみ)されました。

 認定された「滋賀大学数理・データサイエンス・AI教育プログラム(応用基礎レベル)」は、各学部の専門性に応じたカリキュラムとなっており、全学部学生が参加可能です。「数理・データサイエンス・AI教育強化拠点コンソーシアム」が作成した「数理・データサイエンス・AIモデルカリキュラム」に対応した教育内容を提供し、学生が数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、学ぶことや活用することの楽しさを実感できることも重視しています。

応用基礎レベル+(プラス)選定ロゴ

応用基礎レベル+(プラス)選定【データサイエンス学部】(※令和9年3月31日まで)

応用基礎レベル認定ロゴ

応用基礎レベル認定【教育学部・経済学部】(※令和9年3月31日まで)

滋賀大学の特色ある取り組み

・多くの企業と連携した実データを用いた分析や演習
・彦根商工会議所や地元企業等との産官学連携、学生への就労体験の提供

関連ページ

◆令和4年度「数理・データサイエンス・AI教育プログラム」認定・選定結果については、こちらをご覧ください。
◆「滋賀大学数理・データサイエンス・AI教育プログラム」の詳細についてはこちらをご覧ください。

【このページに関するお問い合わせ先】
学務課教育改革室

Translate »