彦根キャンパスでは、課外活動における熱中症対策を目的とする講習会を8月3日(水)に開催しました。昨年度はオンラインでの開催でしたが、今年は新型コロナウイルス対策を万全にした上で対面とZoomを併用してのハイブリッド型で行い、約400名の学生が参加しました。

 酷暑が続くこの時期に、熱中症に対する基礎知識をはじめ、熱中症にならないための予防、熱中症になってしまった際の適切な処置の方法についての講義を受けました。

 講師の佃先生からは、「本日の講義を熱中症対策に生かし課外活動に励んでください」と大きなエールをいただき、体育会委員長の山下さんからは、講義の御礼とともに、「実体験に基づくアドバイスや世界の事例を教えていただきとても貴重な機会となったので、この講演をもとに体育会一丸となって熱中症対策に努めてまいります」と力強い挨拶がありました。

 4日をもって春学期期末テストが終わり、夏休みになります。今年も連日猛暑日が続いており、熱中症に対するより大きな注意と対策が必要となってきます。学生が課外活動を活発に行うこれからの時期に、この講習を大いに活かすことを期待します。

講義室いっぱいの参加者
久しぶりの対面講習会

講義の様子(今回も多くの学生が講習に参加しました)

質疑応答の様子

質疑応答の様子

体育会委員長からの御礼

体育会委員長からの御礼

【お問い合わせ先】
 学生支援課学生支援係

Translate »