7月25日、本学は、スーパーサイエンスハイスクール事業(以下「SSH事業」という。)の実施校として実績のある福井県立若狭高等学校(校長:北村 徹)と連携・協力に関する協定を締結しました。

 本学はこれまで、虎姫高校や彦根東高校などの県内県立高校を中心に、県外の高校とも連携協定を締結しており香川県、兵庫県、島根県の高校とデータサイエンスの普及を目的に取り組みを進めてまいりました。

 今回の協定は、平成23年度にSSH事業の指定を受けられて以来10年以上の取り組み実績のある同校と、データサイエンス分野での助言・指導を始めとする人的交流などで協力を図り、相互の教育・研究の更なる充実・発展に資することを目的としています。

 滋賀大学はこれからも、国内データサイエンス分野の発展・普及とSociety5.0社会を担う若者の人材育成に向けて取り組みを強化してまいります。

協定書にサインする竹村学長(左)と北村校長(右)

協定書を披露する竹村学長(左)と北村校長(右)

【このページに関するお問い合わせ先】
 高大接続・入試センター

Translate »