6月18日(土)、19日(日)を中心に第55回滋賀大学・和歌山大学二大学学長杯争奪総合定期戦が開催されました。新型コロナウイルスの影響により3年ぶりの開催が実現した今年度は、前回から引き継ぎ本学が当番となり、主に彦根、大津両キャンパス内で熱戦が繰り広げられました。

 18日(土)に行われた開会式では、本学の竹村学長が式辞、和歌山大学の伊東学長が祝辞を述べられました。その後、両大学団長である本学の渡部副学長、和歌山大学の永井副学長より激励の言葉が送られました。

 1日目から和歌山大学が各競技において勝利を重ね、2日目に滋賀大学が追い上げを見せるも及ばず、最後は和歌山大学の6年連続総合優勝という結果となりました。

 19日(日)に行われた閉会式では、お互いの健闘を称えあい、来年以降もこの伝統ある定期戦を盛り上げていくこととし、両校の更なる交流を確認しました。
(通算成績は滋賀大学の31勝21敗3引分け)

開会式の様子(宣誓者は滋賀大学弓道部)

力投するピッチャーの様子(滋賀大学)

弓道の様子

バスケットの様子

スクラムを組むラグビーの様子

今回より正式種目となった将棋の様子

学長杯授与(和大21回目の優勝)

両大学の皆さん、お疲れ様でした

成績表

【このページに関するお問い合わせ先】
 学生支援課学生支援係

Translate »