経済学部柴田淳郎准教授のコラムが朝日新聞に掲載されました。

掲載日

2022年6月5日

メディア

朝日新聞

内容

「柴田先生の経済コラム 存続の危機 新商品の開発へ」
 
今回のコラムでは引き続き「株式会社我戸幹男商店」を取り上げ、バブル崩壊以後、我戸幹男商店が直面した存続危機とその対応について解説しています。
我戸幹男商店はバブル経済の崩壊を契機に、バブル経済期に主力商品であったDCブランドギフト商品や菓子鉢の売れ行きが急速に下落し、不況のあおりを大きく受けます。
この危機への対応の為、現在の株式会社我戸幹男商店代表取締役である我戸正幸が呼び出されました。正幸は当時共同経営を営んでいた彰夫・宣夫兄弟のうち、社長であった彰夫の嫡子でした。
我戸幹男商店の苦境の中、彰夫・宣夫兄弟が正幸に求めたことは伝統工芸技術を生かしながらも現代の若者の感覚に合った新商品の開発だったのです。

 
<関連記事>
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授が経済コラムを開始
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(長寿企業 最多も最古も日本)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(技能継続あっての伝統)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(垂直分業 技能を後押し)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(問屋主導で「長期取引」)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(少数競争 職人を育成)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(職人 家族中心に技能継承)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(需要に合わせ 職人を増減)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(複雑な問屋の経営継承)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(分離独立し 存続リスクを分散)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(販売額が激減、未曽有の危機に)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(世代超え 需要の変化に対応を)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(伝統技能の継承 機能不全に)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(危機こそ伝統工芸が生む革新)

【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(山中漆器 ニーズに応じ変遷)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(革新 木製・近代漆器の両立)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(旅館から白木地製造に転換)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(商号に父 兄弟二人三脚)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(DCの潮流 菓子鉢バブル)

【このページの作成】
 広報課

Translate »