産学公連携推進機構の近兼敏客員教授らが企画したプロジェクトが以下のメディアに掲載されました。

掲載日

2022年5月30日

メディア

産経新聞

内容

「ウクライナの子供に絵本を 滋賀大と京都信金、670冊送る」
 
滋賀大学は、京都信用金庫と協力し、軍事侵攻で非難するウクライナの子供たちへ絵本を送るプロジェクトを行っており、京都信用金庫の本支店などで集めた絵本約670冊の一部がポーランドの日本語学校に到着しました。今後、ウクライナ西部の避難所やポーランドの公立図書館などに置かれる予定です。
プロジェクトを進めた近兼客員教授は取材に対し「文字は読めないが絵は楽しめるので、地下に避難している子供たちが絵本を見て、恐怖と悲しみを乗り越えてくれれば」と語っています。
 

<関連記事>
ウクライナ避難民の子ども達への絵本プロジェクトの記者発表を行いました

【このページの作成】
 広報課

Translate »