5月1日(日)~4日(水)に滋賀県立琵琶湖漕艇場で行われた朝日レガッタにおいて、経済学部・データサイエンス学部の漕艇部が一般男子舵手付きフォアの決勝に進出し、3位入賞しました。さらに、教育学部漕艇部も女子シングルスカルが決勝に進出し、3位に入賞しました。経済学部・データサインエス学部の漕艇部の対校クルーが朝日レガッタでメダルを獲得するのは、1974年以来の快挙です。

選手達のコメント

近藤優太郎(経済学部4回生)

これまで2年間はコロナウイルスの影響で開催中止になり、4回生ながら朝日レガッタ初出場でした。予選、準決勝ともに1位で通過し、決勝のレースに自信をもって臨むことができ、課題はあるもののレースを楽しむことができました。最終目標であるインカレに向けてより一層練習に励みます。これからも応援のほどよろしくお願いいたします。

野田凌雅(データサイエンス学部3回生)

自分たちの練習の成果を発揮し、朝日レガッタという歴史ある大会で3位に入賞できました。全日本大学選手権までの通過点として非常に良いレースが行えました。ご指導、ご声援いただいた方々の期待にそえるよう、今後とも一層努力します。

髙木咲希(教育学部4回生)

教育学部漕艇部のほとんどの4回生は教員採用試験のため、この朝日レガッタが大学時代のラストレースになります。狙っていた優勝こそできなかったものの、ボート人生7年間の集大成の漕ぎが出来たこと、また苦しい時を共に乗り越えてきた、かけがえのない同期の仲間と笑顔で駆け抜けることのできた、とても楽しく思い出に残る大会になりました。たくさんの応援ありがとうございました。

メダルを持つ選手達(左から 梅田康毅選手、藤野貴也選手、近藤優太郎選手、野田凌雅選手、櫻井竜希選手)

賞状を持って記念写真

試合中の様子(一般男子舵手付きフォア)

メダルと賞状を持つ高木咲希選手(左)と木下絢加マネージャー(右)

試合中の様子(女子シングルスカル)

【このページに関するお問い合わせ先】
 学生支援課学生支援係、教育学部学生就職支援係

Translate »