産学公連携推進機構の近兼敏客員教授らが企画したプロジェクトが以下のメディアに掲載されました。

掲載日

2022年5月20日(中日新聞夕刊)、21日(中日新聞朝刊、東京新聞)

メディア

中日新聞、東京新聞

内容

「平和の絵本 ウクライナ語訳完了 滋賀大生、ドニプロ国立大生「子どもに希望を」1カ月かけ」(中日新聞夕刊)
「実感こもる平和の願い 絵本の翻訳完了 滋賀大とウクライナの学生協力」(中日新聞朝刊)
「平和の絵本、聞いて 「今、戦争体験しているからこそ」ウクライナと日本の大学生9人で音読動画を作成、配信」(東京新聞)

 
本学とドニプロ国立大学(ウクライナ)の学生たちが、絵本「へいわって どんなこと?」(作:浜田桂子、出版社:童心社)のウクライナ語への翻訳を完成し、読み聞かせ動画としてYouTubeで配信を行っています。そのことについて掲載されました。
プロジェクトに参加したデータサイエンス学部の逢坂安曇さんは取材に対し、動画を見るウクライナの子どもたちに「当たり前だった平和が、またいつか当たり前になる希望を感じてほしい」と語っています。

 
動画はこちら(YouTube)

【このページの作成】
 広報課

Translate »