教育学部で行われている取り組みが以下のメディアに掲載されました。

掲載日

2022年5月5日

メディア

読売新聞、中日新聞

内容

「田植え実習 教える身で 滋賀大生」(読売新聞)
「稲の成長 学びます 滋賀大生が田植え」(中日新聞)

 
「環境教育概論」で教員を目指す学生達が農業体験学習で田植えを行いました。
「環境教育概論」は教育学部生の必修科目となっており、環境教育の理念や環境問題などについて考え、環境教育の具体的方法に触れる授業を行っています。
その一環として今回、学生達は自然環境に配慮して栽培される「みずかがみ」の田植えをし、今後は稲刈りや、収穫したお米を使っての炊飯などを行い、その体験をベースに食と農をめぐる環境についてグループでの探究的な学習を行います。
5月4日、5日には田植え体験が行われ、その様子が参加した学生の声と共に掲載されています。

【このページの作成】
 広報課

Translate »