3月17日(木)、本学は国立大学法人島根大学と、包括的連携に関する協定を締結しました。

 本協定は、Society5.0 に向けデータサイエンスを展開する全国拠点である本学と「地方総合大学の雄」島根大学が、相互の強みや特色を活かして、教育・研究・地域貢献等の分野において広く連携し、教育・研究の質の向上を図り、もって社会の発展及び人材育成に寄与することを目的とするものです。

 まずは、データサイエンス分野での連携を進め、本学からは、数理・データサイエンス・AIに関する教育プログラム等を提供することにより、島根大学におけるデータサイエンス教育の普及に貢献します。また、島根大学からは理系・医療分野の知見から本学のデータサイエンス研究に協力いただくなど、両者の強みを活かした連携を進めてまいります。

 離れた地方国立大学同士の連携は緒に就いたばかりです。本学と島根大学の地理的な距離を超えた連携・協力の進展が、今後の国立大学間の連携拡大につながるきっかけとなることを期待しています。

署名する学長

協定書に署名する位田隆一学長(左)と服部泰直学長

協定書を手に記念撮影

関係者との記念撮影

【お問い合わせ先】
 産学公連携推進課

Translate »