3月9日(水)、滋賀大学情報セキュリティ研修会を開催し、教職員151名の参加者がありました。近年、多様な情報セキュリティ事象が発生しており、本学もその例外ではなく、日々、脅威にさらされている状況にあることから、本学構成員一人一人のより一層の情報セキュリティに対する意識向上を目的に開催されました。なお、今年度は、Zoomを利用したWeb配信により行われました。

 本学の最高情報セキュリティ責任者で特命担当副学長(情報セキュリティ担当)の佐藤智和教授から昨今のサイバー攻撃の状況、本学への攻撃の実例、各自でできる対策の説明のほか、1月に実施した標的型攻撃メール対策訓練の結果について解説があり、続いて、参加者から質疑が行われました。Emotetが国内で猛威を振るっているタイミングで開催されたことから、例年以上に参加者が多く、参加者は熱心に聴講していました。

佐藤CISOによる講演(WEB配信画像)

【お問い合わせ先】
 図書情報課 情報基盤係

Translate »