データサイエンス学部河本薫教授が以下のメディアに掲載されました。

掲載日

2022年3月8日

メディア

ハーバードビジネスレビューオンライン

内容

「実践者が語る、データ分析とAI活用でビジネスと社会に変革をもたらす方法」
 
河本教授は、データ分析による課題解決とは「勘と経験に基づく意思決定プロセスを合理的なものに改めること」とし、その成功に向けて不可欠な準備として「課題の発見」「意思決定プロセスの設計」を挙げている。
記事では、「意思決定プロセスの設計」に際して、意思決定プロセスを6つのタイプに類型化し、それぞれのタイプごとのデータ分析の役割を解説されています。
 
ハーバードビジネスレビューオンライン 実践者が語る、データ分析とAI活用でビジネスと社会に変革をもたらす方法 

【このページの作成】
 広報課

Translate »