データサイエンス学部竹村彰通学部長の著書『データサイエンス入門』が以下のメディアで取り上げられました。

掲載日

2022年2月12日

メディア

日経速報ニュース

内容

「データサイエンスなぜ人気 経営や政策に「宝の山」活用」

 

ビッグデータ時代が到来し、社会に蓄積されているデジタルデータを新たな資源として、集計し、分析し、新しい知識や事実を見つけ出すことを仕事とするデータサイエンティストが注目されています。
データサイエンティストには、データの集計処理を行う情報学、データを分析する統計学、新しい知見の発見には社会全般にかかわる分野の専門知識が必要です。これら文理融合型の技能を身につけた人材が欠かせないとされ、そのことを指摘した竹村学部長の著書『データサイエンス入門』が紹介されています。

【お問い合わせ先】
 広報課

Translate »