1月28日(金)、現役サッカー選手であり、Now Do株式会社など様々な事業を手掛ける本田 圭佑氏が滋賀大学彦根キャンパスを訪問しました。

 学長・学部長・スポーツ科学担当教員らと、地方における育成年代の放課後のスポーツについて、スポーツの地域格差について意見交換を行い、大学生によるスポーツ振興の可能性、また、大学スポーツ施設の開放など、地方のスポーツ振興について懇談しました。

懇談の様子

学長・学部長・スポーツ科学担当教員らとの記念撮影

 その後、体育会所属の学生を対象に、本田氏が世界の様々な地域を訪れて感じたことや、どのように挑戦し、困難を克服し、夢を追い続けてきたのかということを講演されました。
 新型コロナ感染症対策をとり、人数制限を行った中での講演会でしたが、質問が尽きることなく、学生たちにとって非常に充実した講演会となりました。

講演会の様子

参加した学生らとの記念撮影

 夕方には、榎本雅之准教授(経済・DS学部サッカー部監督)と本学サッカー部員による地域の少年向けサッカー交流会を実施しました。
 感染症対策として、混雑を回避するため、本田氏の登場は公表せず、地域のサッカースクール所属の20家族に限定して行いました。
 サプライズゲストとして登場した本田氏は、親子向けにどのような幼少期を送り、夢を追い続けているかを話した後、子どもたちからの質問に対して、一つ一つ丁寧に、情熱をもって回答されました。
 本田氏と子どもたちの質疑応答は、サッカーや生き方の核心に触れることが多く、運営を担った本学サッカー部の学生にとっても貴重な時間となりました。

参加した小学生らに練習頻度を聞く本田氏

参加した親子らとの記念撮影

【このページに関するお問い合わせ先】
 学生支援課

Translate »