データサイエンス学部竹村彰通学部長のコメントが以下のメディアに掲載されました。

放送日

2021年12月12日

メディア

朝日新聞

内容

「統計学や数学を学ぶ(上) データ分析 文系だって」
 
勘や経験に頼るのではなく、データを分析・駆使することで論理的判断・意思決定を行うデータサイエンスや統計学。
最近はその能力がビジネスの場でも求められていることもあり、文系出身の社会人でも統計学や数学を学ぶ人が増えているようです。
そんな中、日本で初めてデータサイエンスを専門とした学部を設立した本学が、提携する企業と課題解決に取り組んでいることや、卒業生が即戦力として各業界から引く手あまたの状態にあることなどが紹介され、今後この分野の需要がますます伸びていくことが書かれています。

 
本件の詳細(朝日新聞デジタル)
 

【お問い合わせ先】
 広報課

Translate »