経済学部中野桂教授のゼミ生参加のイベントが以下のメディアに掲載されました。

掲載日

2021年11月12日(毎日新聞)、11月18日(中日新聞)、11月22日(京都新聞)

メディア

毎日新聞、中日新聞、京都新聞

内容

「麻使った催し 多彩に 滋賀大生ら 工芸教室や室内装飾」(毎日新聞)
「湖国の名品 触れて訪れて 伝統工芸品でモデルルーム/愛荘の名所ツアー 滋賀大生が企画」(中日新聞)
「学生目線 愛荘ツアー 滋賀大生 地域の魅力紹介」(京都新聞)

 
近江上布伝統産業会館(ゆめまちテラスえち)で開催されている「POP UP ATELIER & SHOP」に経済学部・中野桂教授のゼミ生が参加しています。
このイベントの中で、学生は滋賀発インテリアのモデルルームの展示と愛荘町ツアーを企画しています。
近江上布のリネンや信楽焼の食器など、滋賀県産のものを集めてモデルルームとして展示されている様子が写真とともに掲載されています。
 
展示は11月28日まで。
歴史的建造物や老舗の和菓子店など愛荘町の魅力を伝える「愛荘町ツアー」は11月21日に行われる予定です。
「POP UP ATELIER & SHOP」のイベント詳細はこちら

 
本件の詳細(毎日新聞WEB)
 

【お問い合わせ先】
 広報課

Translate »