令和2年度に「きらきら輝く滋賀大学基金」を通して、本学の教育、研究および運営にご支援をいただいた方々に、改めて謝意をお伝えする「滋賀大学基金感謝の集い」を11月9日に開催しました。

 当日は、多大なご厚志をいただいた寄附者の皆さまを彦根キャンパスの滋賀大学講堂にお招きし、感謝状の贈呈をするとともに、末永く顕彰させていただくために新たに講堂内に設置された芳名板の除幕式を行いました。位田学長からは大学の現状について、須江基金室長からは基金の活動について報告がされました。またその後懇談会の場では、寄附者の皆さまからご意見、ご要望を頂戴し、和やかで有意義な場となりました。

 「きらきら輝く滋賀大学基金」は令和2年4月に、既存の基金を整理・統合し、また特定事業を支援する特定基金を設けて新設されました。「感謝の集い」は寄附者の皆さまへの顕彰事業として、今回初めて実施されました。

 

学長からの謝辞

基金室長からの報告

 

感謝状の贈呈

芳名板の除幕式

 

学生より感謝を込めて演奏

学長を囲んで懇談

 

【お問い合わせ先】
基金室

Translate »