経済学部柴田淳郎准教授のコラムが朝日新聞に掲載されました。

掲載日

2021年11月7日

メディア

朝日新聞

内容

「柴田先生の経済コラム 問屋主導で「長期取引」」
 
今回のコラムでは、経営と技能が分離した生産制度の中で、経営を受け持つ問屋が技能継承にも大きな影響力を持っていることを説明しています。彦根仏壇産業では「長期継続的取引」と呼ばれる独特な取引制度が発達しており、この制度について身近な例を挙げつつ解説しています。
次回のコラムでは長期継続的取引の制度が、技能継承にどう役立っているかについて解説される予定です。

 
本件の詳細(朝日新聞デジタル)
 
<関連記事>
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授が経済コラムを開始
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(長寿企業 最多も最古も日本)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(技能継続あっての伝統)
【掲載】朝日新聞で柴田淳郎准教授の経済コラム掲載(垂直分業 技能を後押し)

【お問い合わせ先】
 広報課

Translate »