2020年11月と2021年3月に、教育学部加納研究室とニフレルは、オンラインワークショップ「カピバラの予想外にふれる」を開催しました。
 このたび、大好評により第3回を開催することとなり、これに参加する小学校1~3年生とその保護者のペア15組を募集します!

 第3回目のワークショップは「ペンギンと予想外にふれる」です。

 このワークショップは、ニフレルと滋賀大学が共同で研究を進める「With / Afterコロナ時代での社会教育施設(動物園・水族館)におけるアクティブラーニング手法の研究開発」の一環で開催するもので、実際に来館しなくても生きものの生態を学ぶことにより、不思議を見つけて好奇心や探求心を育むことを目的としたイベントです。

 参加者には観察体験キットを事前に郵送し、当日はZoomを用いて加納研究室の学生とニフレルのキュレーターがオンラインで解説をし、一緒に鳥の生態の謎を予想したり、実際にペンギンの羽に触れたり、VRゴーグルをつけて動画観察もします。そして予想外に思ったことや知りたいと思ったことを見つけ出して、探究していくことを親子で体験していただきます。

ペンギンと予想外にふれる

ご応募は専用のWebフォームで受付、締め切りは11月7日(日)17時着信有効です。

 With / Afterコロナにおいて、学校教育や課外活動における社会教育施設の活用に、引き続き困難が予想され、学校教育を補完・先導する機能を持つ社会教育は依然重要であると考えております。このワークショップは、コロナ禍において加納教授が大学で実践してきたオンライン教育の技術等を活かしており、滋賀大学とニフレルは今後も協同し、必ずしも施設に来館することがなくても学びの効果を最大限に発揮できる手法を研究開発し、学校現場でオンラインワークショップが実施可能になる教育者向けキットの開発や、オンラインや対面での学びの要素を明らかしていきたいと考えています。

NIFREL(ニフレル)のHPはこちら

「ペンギンと予想外にふれる」開催要項

【実施日時】

2021年11月28日(日) 13時00分~14時00分(予定)

【対象】

小学1~3年生1人と保護者のペアで、

  • 日本国内にお住まいの方
  • Zoomにアクセスできる端末(PC・タブレット・スマホ等)が利用可能な方

に限ります。

※本イベント参加中は、Zoom上でお顔が公開された状態となります。ご自身で責任をもって確認のうえ、ご利用ください。
※主催者の資料保存を目的にZoom動画を録画いたします。
※ZoomやLINEのご利用にあたり、発生した損害につきましては、ニフレル並びに滋賀大学では一切の責任を負いかねます。
※途中参加を予定している場合には応募はご遠慮ください。

【定員】

15組

【参加費】

無料

【場所】

ご自宅よりオンラインでご参加いただきます。

【応募方法】

下記専用の応募フォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください。
※募集にあたって収集した個人情報は、抽選およびメールの返信など、本イベントに関する目的のみに使用します。

【その他】

事前アンケート及び実施後のアンケートにご協力をお願いいたします。

【締切】

2021年11月7日(日)17時 着信有効

【発表】

応募者多数の場合は厳正なる抽選を行い、11月8日(月)までに当選者のみにメールでご連絡し、後日ワークショップに必要なキットを郵送いたします。
※記述事項に不備がある場合は、抽選の対象外となります。

【お問い合わせ先】
 ニフレルインフォメーション内 イベント事務局
 TEL:0570-022060(ナビダイヤル)

Translate »