プランティオ株式会社と取り組む共同研究が以下のメディアに掲載されました。

掲載日

2021年10月14日

メディア

毎日新聞

内容

「AI利用し失敗しない家庭菜園 滋賀大×プランティオ共同開発 未来の食への関心高めたい」
 
記事では、本学とプランティオ(株)が取り組む「ビッグデータやAIを利用し、誰もが失敗しない家庭菜園」を目指す共同研究が取り上げられており、研究を進める教育学部 森太郎准教授とデータサイエンス学部 岩山幸治准教授のコメントが紹介されています。
取材に対して、森太郎准教授は「経験や勘に頼っていた学校農園にデジタル技術を導入し、未来の農、食料、環境への関心を高めたい」と、岩山幸治准教授は「個人で野菜を育てるハードルが下がれば、将来的に食糧自給率アップ、食糧難の解決に繋がるはずだ」と意気込みを語っています。

 
本件の詳細(毎日新聞WEB)
 

【お問い合わせ先】
 広報課

Translate »