経済学部小野善生教授のコラムが以下メディアで掲載されました。

掲載日

2021年10月5日

メディア

パーソル総合研究所

内容

【今求められる管理職の在り方を考える(全3回)】
新任管理職はなぜつまずくのか ~管理職が直面する幻想と真実のギャップ~

「人」と「組織」に関するテーマを取り上げるパーソル総合研究所にて、経済学部 小野善生教授が3回にわたるコラムを開始しました。

第1回目は、多くの新任管理職が陥りやすい、マネジメントの挫折について取り上げられています。
具体的には、新任管理職が持つ幻想と直面する真実には「5つの誤解」があり、それによって生み出される管理職に対する「事前のイメージ」と「実際の体験」にギャップを感じ、つまずきに繋がると解説されています。
また、多くの新任管理職はそれらのギャップに直面するとしたうえで、自らが率いる組織のメンバーと協働できる関係を構築することが重要だと解説されています。

詳細はこちら(パーソル総合研究所)




【お問い合わせ先】
 広報課

Translate »