教育学部岳野公人教授監修の企画展が以下のメディアに掲載されました。

掲載日

2021年9月3日

メディア

京都新聞

内容

「匂いや手触り 追体験 滋賀大で企画展 自然との関係問う」

彦根キャンパス総合研究棟<士魂商才館>1F しがだい資料展示コーナーで開催中の、ものづくりの変化を五感で楽しむ企画展「手で考え、足で感じる」が紹介されました。
この企画展は台風や風雪の被害を受けた倒木や流木を材料にして製作された椅子などを展示し、またその製作過程を紹介することで、訪れた人の視覚だけではなく、感触や匂いも含む五感を刺激します。
岳野教授は、この企画展を通して「自分と自然との関係をとらえ直す機会にしてほしい」と取材に対して語っています。

※お越しの際は、基本的な感染症対策をしていただいたうえ、ご覧ください。


企画展の詳細はこちら

岳野研究室のYouTubeチャンネル(Kimi lab)はこちら(学内の木で1から椅子を作る様子などもご覧いただけます。)


【お問い合わせ先】
 広報課

Translate »